ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

チームリーダーの写真

チームリーダー
砂川 玄志郎 M.D., Ph.D

冬眠生物学研究チーム

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-maillhb_info[at]ml.riken.jp

[at]を@に変えてください

人工冬眠の実現を目指して

一部の哺乳類は自ら代謝を低下させ休眠という省エネ状態(能動的低代謝)に入ります。数ヶ月の休眠を冬眠、数時間の休眠を日内休眠と呼びます。冬眠動物のように人間を安全に休眠状態に誘導できれば、救命できない症例を減らしたり、重症患者の搬送、臓器の長期保存、全身麻酔の安全化など、臨床の様々な問題点をクリアできると考えられています。さらに、人工冬眠によって寿命を延伸できれば、未来へ行ったり、地球から離れた遠くの宇宙に旅することなど、人類の既存の時空感覚を大きく拡張できる可能性があります。人工冬眠の実現を目指して、冬眠の基本原理を解明します。

冬眠様状態にある齧歯類

主要論文

Deviatiiarov R, Ishikawa K, Gazizova G, et al.
Integrative transcription start site analysis and physiological phenotyping reveal torpor-specific expression program in mouse skeletal muscle.
Communications Biology 4(1), 1290 (2021) doi: 10.1038/s42003-021-02819-2

Takahashi TM, Sunagawa GA, Soya S, et al.
A discrete neuronal circuit induces a hibernation-like state in rodents.
Nature 583(7814), 109-114 (2020) doi: 10.1038/s41586-020-2163-6

Iraha S, Tu HY, Yamasaki S, et al.
Establishment of Immunodeficient Retinal Degeneration Model Mice and Functional Maturation of Human ESC-Derived Retinal Sheets after Transplantation.
Stem Cell Reports 10(3), 1059-1074 (2018) doi: 10.1016/j.stemcr.2018.01.032

Mandai M, Fujii M, Hashiguchi T, et al.
iPSC-Derived Retina Transplants Improve Vision in rd1 End-Stage Retinal-Degeneration Mice.
Stem Cell Reports 8(1), 69-83 (2017) doi: 10.1016/j.stemcr.2016.12.008

Sunagawa GA, Takahashi M.
Hypometabolism during Daily Torpor in Mice is Dominated by Reduction in the Sensitivity of the Thermoregulatory System.
Scientific Reports 6, 37011 (2016) doi: 10.1038/srep37011

Fujii M, Sunagawa GA, Kondo M, et al.
Evaluation of micro Electroretinograms Recorded with Multiple Electrode Array to Assess Focal Retinal Function.
Scientific Reports 6, 30719 (2016) doi: 10.1038/srep30719

Tatsuki F, Sunagawa GA, Shi S, et al.
Involvement of Ca2+-Dependent Hyperpolarization in Sleep Duration in Mammals.
Neuron 90(1), 70-85 (2016) doi: 10.1016/j.neuron.2016.02.032

Sunagawa GA, Sumiyama K, Ukai-Tadenuma M, et al.
Mammalian Reverse Genetics without Crossing Reveals Nr3a as a Short-Sleeper Gene.
Cell Reports 14(3), 662-677 (2016) doi: 10.1016/j.celrep.2015.12.052

Sunagawa GA, Séi H, Shimba S, et al.
FASTER: an unsupervised fully automated sleep staging method for mice.
Genes to Cells 18(6), 502-518 (2013) doi: 10.1111/gtc.12053

メンバー

砂川 玄志郎

チームリーダー

小野 宏晃

研究員

COUNTRY Michael

訪問研究員

石川 清美

テクニカルスタッフⅡ

綿木 彩賀

テクニカルスタッフⅡ

吹田 晃享

研修生

古武 達也

研究生

釜谷 朋子

アシスタント

PAGE
TOP