ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

森本 充チームリーダーの写真

チームリーダー
森本 充 Ph.D.

呼吸器形成研究チーム

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mail mitsuru.morimoto[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

呼吸器の発生と再生のメカニズムを解明する

生物の体を構成する臓器は、みな生存に必要な何らかの機能に特化しています。その機能は、各臓器特有の組織構造に分化細胞が適切に配置されることで獲得されます。このような臓器の機能的な形態、細胞能力は発生過程で構築され、特に発生後期~生後初期における臓器の成熟過程は固有の生理機能獲得に重要な時期です。そのため発生過程の臓器形成異常は、疾患と密接に関わっています。一方、生後の体は常に外環境に晒され、組織は頻繁に損傷を受けます。これに対し、人間の臓器も不完全ながら修復・再生能力を持っており、そのメカニズムも徐々に解明されつつあります。私たちは呼吸器の形態形成と、成体における修復・再生現象を題材にして組織形態が幹細胞ニッチ形成に与える影響、発生・再生過程での細胞増殖・分化制御の詳細な機構に注目した研究を行っています。

研究テーマ

  • 呼吸器の組織形成、再生現象の分子機構の解明
  • 組織形態が幹細胞とニッチ形成に与える影響の解明
  • 個々の細胞の形態変化と増殖が管腔組織の形態へ与える影響の解析

主要論文

Kishimoto K, Furukawa KT, Luz-Madrigal A, et al.
Bidirectional Wnt signaling between endoderm and mesoderm confers tracheal identity in mouse and human cells.
Nature Communications 11, 4159 (2020) doi: 10.1038/s41467-020-17969-w

Kishimoto K, Tamura M, Nishita M, et al.
Synchronized mesenchymal cell polarization and differentiation shape the formation of the murine trachea and esophagus.
Nature Communications 9, 2816 (2018) doi: 10.1038/s41467-018-05189-2

Tsao P, Matsuoka C, Wei SC, et al.
Epithelial Notch signaling regulates lung alveolar morphogenesis and airway epithelial integrity.
Proceeding of the National Academy of Sciences of the United States of America 113, 8242-8247 (2016) doi: 10.1073/pnas.1511236113

Noguchi M, Sumiyama K, Morimoto M.
Directed migration of pulmonary neuroendocrine cells toward airway branches organizes the stereotypic location of neuroepithelial bodies.
Cell Reports 13, 2679-2686 (2015) doi: 10.1016/j.celrep.2015.11.058

Morimoto M, Nishinakamura R, Saga Y, Kopan R.
Different assemblies of Notch receptors coordinate the distribution of the major bronchial Clara, ciliated and neuroendocrine cells.
Development 139, 4365-4373 (2012) doi: 10.1242/dev.083840

Morimoto M, Liu Z, Cheng HT, et al.
Canonical Notch signaling in the developing lung is required for determination of arterial smooth muscle cells and selection of Clara versus ciliated cell fate.
Journal of Cell Science 123, 213-224 (2010) doi: 10.1242/jcs.058669

Morimoto M, Kopan R.
rtTA toxicity limits the usefulness of the SP-C-rtTA transgenic mouse.
Developmental Biology 325, 171-178 (2009) doi: 10.1016/j.ydbio.2008.10.013

Morimoto M, Takahashi Y, Endo M, Saga Y.
The Mesp2 transcription factor establishes segmental borders by suppressing Notch activity.
Nature 435, 354-359 (2005) doi: 10.1038/nature03591

PAGE
TOP