ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

チームリーダーの写真

チームリーダー
北島 智也 Ph.D.

染色体分配研究チーム


拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mail tomoya.kitajima[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

卵母細胞と受精卵の細胞分裂における染色体分配の機構とエラーの原因を明らかにする

卵母細胞は減数分裂を行うことで卵子となります。卵子は受精して細胞分裂を繰り返すことで、やがて個体となります。私たちの研究室では、マウス卵のハイスループットかつ高解像度ライブイメージング技術、顕微操作技術、遺伝学的手法を組み合わせることで、卵母細胞の減数分裂と受精卵の体細胞分裂における染色体分配を研究しています。卵母細胞が行う最初の分裂が減数第一分裂です。このときの染色体分配はエラーが多く、その頻度は母体年齢とともに上昇します。続いて受精時に減数第二分裂が、受精後にはDNA複製を経て体細胞分裂が行われ、それぞれで染色体が分配されます。私たちは、これら3回の連続した細胞分裂における、異なる染色体分配のロジックを明らかにしていきます。卵母細胞の減数第一分裂における染色体分配の機構を明らかにし、なぜこの分裂で特にエラーが多く、しかも年齢とともにその頻度が上昇するのかを理解します。続く減数第二分裂、体細胞分裂のそれぞれの機構と比較することで、細胞が染色体分配の戦略を柔軟に使い分ける様を見出していきます。これらの研究から得られた成果を、さらに生殖医療分野との共同研究に活かしていきます。

研究テーマ

  • 哺乳類卵母細胞の減数分裂における染色体分配機構の解析
  • 受精卵の細胞分裂における染色体分配機構の解析
  • 卵母細胞および受精卵における老化にともなうエラー

主要論文

Mori M, Yao T, Mishina T, et al.
RanGTP and the actin cytoskeleton keep paternal and maternal chromosomes apart during fertilization.
The Journal of Cell Biology 220(10), e202012001 (2021) doi: 10.1083/jcb.202012001

Mishina T, Tabata N, Hayashi T, et al.
Single-oocyte transcriptome analysis reveals aging-associated effects influenced by life stage and calorie restriction.
Aging Cell 20(8), e13428 (2021) doi: 10.1111/acel.13428

Hamazaki N, Kyogoku H, Araki H, et al.
Reconstitution of the oocyte transcriptional network with transcription factors.
Nature 589, 264-269 (2021) doi: 10.1038/s41586-020-3027-9

Courtois A, Yoshida S, Takenouchi O, et al.
Stable kinetochore-microtubule attachments restrict MTOC position and spindle elongation in oocytes.
EMBO Reports 22(4), e51400 (2021) doi: 10.15252/embr.202051400

Yoshida S, Nishiyama S, Lister L, et al.
Prc1-rich kinetochores are required for error-free acentrosomal spindle bipolarization during meiosis I in mouse oocytes.
Nature Communications 11, 2652 (2020) doi: 10.1038/s41467-020-16488-y

Ding Y, Kaido M, Llano E, et al.
The post-anaphase SUMO pathway ensures the maintenance of centromeric cohesion through meiosis I-II transition in mammalian oocytes.
Current Biology 28(10), 1661-1669 (2018) doi: 10.1016/j.cub.2018.04.019

Kyogoku H, Kitajima TS.
Large cytoplasm is linked to the error-prone nature of oocytes.
Developmental Cell 41(3), 287-298 (2017) doi: 10.1016/j.devcel.2017.04.009

Sakakibara Y, Hashimoto S, Nakaoka Y, et al.
Bivalent separation into univalents precedes age-related meiosis I errors in oocytes.
Nature Communications 6, 7550 (2015) doi: 10.1038/ncomms8550

Kim J, Ishiguro K, Nambu A, et al.
Meikin is a conserved regulator of meiosis-I-specific kinetochore function.
Nature 517(7535), 466-471 (2015) doi: 10.1038/nature14097

Solc P, Kitajima TS, Yoshida S, et al.
Multiple requirements of PLK1 during mouse oocyte maturation.
PLOS ONE 10(2), e0116783 (2015) doi: 10.1371/journal.pone.0116783

Yoshida S, Kaito M, Kitajima TS.
Inherent instability of correct kinetochore-microtubule attachments during meiosis I in oocytes.
Developmental Cell 33(5), 589-602 (2015) doi: 10.1016/j.devcel.2015.04.020

Kitajima TS, Ohsugi M, Ellenberg J.
Complete kinetochore tracking reveals error-prone homologous chromosome biorientation in mammalian oocytes.
Cell 146(4), 568-581 (2011) doi: 10.1016/j.cell.2011.07.031

メンバー

北島 智也

チームリーダー

吉田 周平

上級研究員

森 雅志

研究員

会沢 栄志

研究員

竹之内 修

研究員

三品 達平

基礎科学特別研究員

浅井 皓平

大学院生リサーチ・アソシエイト

濱田 香

テクニカルスタッフⅡ

PAGE
TOP