ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

林 茂生チームリーダーの写真

チームリーダー
林 茂生 Ph.D.

形態形成シグナル研究チーム


拠点 神戸/発生・再生研究棟

E-mail shigeo.hayashi[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

細胞と器官の形態形成機

発生における組織の形態形成のしくみをキイロショウジョウバエをモデル系として、以下の二つの領域で研究しています。1)上皮組織の形成メカニズム。管状上皮の呼吸器系である気管系の発生を研究しています。上皮の陥入運動と気管枝の遊走および管の形状決定において細胞骨格と細胞外マトリクスは果たす役割と、組織全体が協調するしくみについて分子遺伝学、ライブイメージング、および定量解析を駆使して追求しています。2)単一細胞の形態形成。細胞内の骨格、膜輸送系、シグナル伝達系が細胞種に特有なかたちを規定するしくみを感覚細胞の形態形成をテーマにして研究します。

研究テーマ

  • 上皮形成における細胞ダイナミクス
  • 単一細胞における細胞内と細胞外のパターン形成

主要論文

Chu WC, Hayashi S.
Mechano-chemical enforcement of tendon apical ECM into nano-filaments during Drosophila flight muscle development.
Current biology : CB 31(7), 1366-1378 (2021) doi: 10.1016/j.cub.2021.01.010

Ando T, Sekine S, Inagaki S, et al.
Nanopore Formation in the Cuticle of an Insect Olfactory Sensillum.
Current biology : CB 29(9), 1512-1520 (2019) doi: 10.1016/j.cub.2019.03.043

Ogura Y, Wen FL, Sami MM, et al.
A Switch-like Activation Relay of EGFR-ERK Signaling Regulates a Wave of Cellular Contractility for Epithelial Invagination.
Developmental cell 46(2), 162-172 (2018) doi: 10.1016/j.devcel.2018.06.004

Miao G, Hayashi S.
Escargot controls the sequential specification of two tracheal tip cell types by suppressing FGF signaling in Drosophila.
Development 143, 4261-4271 (2016) doi: 10.1242/dev.133322

Otani T, Ogura Y, Misaki K, et al.
IKKepsilon inhibits PKC to promote Fascin-dependent actin bundling.
Development 143, 3806-3816 (2016) doi: 10.1242/dev.138495

Kato K, Dong Bo, Wada H, et al.
Microtubule-dependent balanced cell contraction and luminal-matrix modification accelerate epithelial tube fusion.
Nature Communications 7, 11141 (2016) doi: 10.1038/ncomms11141

Hannezo E, Dong B, Recho P, et al.
Cortical instability drives periodic supracellular actin pattern formation in epithelial tubes.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 112(28), 8620-5 (2015) doi: 10.1073/pnas.1504762112

Dong B, Kakihara K, Otani T, et al.
Rab9 and retromer regulate retrograde trafficking of luminal protein required for epithelial tube length control.
Nature Communications 4, 1358 (2013) doi: 10.1038/ncomms2347

Kondo T, Hayashi S.
Mitotic cell rounding accelerates epithelial invagination.
Nature 494, 125-129 (2013) doi: 10.1038/nature11792

PAGE
TOP