動的恒常性研究チーム|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

動的恒常性研究チーム

チームリーダー

Sa Kan YOOMD, Ph.D.

生体は恒常性破綻にどのように対応するのかを研究します

研究内容

生物は、傷や病気といった、生体内の恒常性の破綻にある程度まで対応することができます。その結果、恒常性の回復を達成できることもあれば、組織や最終的には個体の死に至ることがあります。どこまで対応できるかは、生物の種類、組織の成熟度などに依存します。このような現象自体はよく知られていますが、そのメカニズムの詳細はいまだ謎に包まれています。私たちは、このような現象を、ショウジョウバエを用いて遺伝学的アプローチやイメージングのできる実験系に落とし込むことで、そのメカニズムを、細胞・組織・個体レベルで明らかにすることを目指します。

研究テーマ

  • 生物はどうやって傷に対応するか?
  • 癌は生物にどのような影響を与えるのか?
  • 老化のメカニズムはいったい何か?
  • 生物は栄養異常にどう対応するか?

主要論文

  • Yoo SK, Pascoe H, Pereira T, et al.
    Plexins function in epithelial repair in both Drosophila and zebrafish.
    Nature Communications 7. 12282 (2016) doi:10.1038/ncomms12282
  • Yoo SK, Freisinger C, LeBert D, Huttenlocher A.
    Early redox, Src family kinase and calcium signaling integrate wound responses and tissue regeneration in zebrafish.
    Journal of Cell Biology 199. 225-34 (2012) doi: 10.1083/jcb.201203154
  • Yoo SK, Lam PY, Eichelberg M, et al.
    Role of microtubules in neutrophil polarity and migration in live zebrafish.
    Journal of Cell Science 125. 5702-10 (2012) doi: 10.1242/jcs.108324
  • Yoo SK, Starnes TW, Deng Q, Huttenlocher A.
    Lyn is a redox sensor that mediates leukocyte wound attraction in vivo .
    Nature 480. 109-12 (2012) doi:10.1038/nature10632
  • Deng Q, Yoo SK, Cavnar P, et al.
    Dual roles for Rac2 in neutrophil motility and retention in zebrafish hematopoietic tissues.
    Developmental Cell 21. 735-45 (2011) doi: 10.1016/j.devcel.2011.07.013
  • Yoo SK, Huttenlocher A.
    Spatiotemporal photolabeling of neutrophils during induction and resolution of inflammation in zebrafish.
    Journal of Leukocyte Biology 89. 661-667 (2011) doi: 10.1189/jlb.1010567
  • Walters KB, Green JM, Surfus JC, et al.
    Live imaging of neutrophil motility in a zebrafish model of WHIM syndrome.
    Blood 116. 2803-2811 (2010) doi: 10.1182/blood-2010-03-276972
  • Yoo SK, Deng Q, Cavnar P, et al.
    Differential regulation of protrusion and polarity by PI(3)K during neutrophil motility in live zebrafish.
    Developmental Cell 18. 226-236 (2010) doi: 10.1016/j.devcel.2009.11.015
  • Yoo SK, Huttenlocher A.
    Innate immunity: wounds burst H2 O2 signals to leukocytes.
    Current Biology 19. 553-5 (2009) doi: 10.1016/j.cub.2009.06.025
  • Nishita M, Yoo SK, Nomachi A, et al.
    Filopodia formation mediated by receptor tyrosine kinase Ror2 is required for Wnt5a-induced cell migration.
    Journal of Cell Biology 175. 555-62 (2006) doi: 10.1083/jcb.200607127

業績一覧

メンバー

メンバーリスト

研究者 Q & A

Q研究を通して究極的に何を知りたいですか?

生命維持機構

Q研究の最大の魅力は何ですか?

クリエイティヴなことができる

Q研究をする上での方針や哲学、座右の銘は何ですか?

迷ったら、リスクのある方を選ぶ

Q研究室の特徴を一言であらわすと?

多様性