健康・病態科学研究チーム|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

健康・病態科学研究チーム

チームリーダー

渡辺 恭良M.D., Ph.D.

  • 拠点:神戸/MI R&D センタービル
  • E-mail:yywata[at]riken.jp[at]を@に変えてください

—分子を活かす—動物の研究からヒトの研究へ橋渡しをします

研究内容

がんなどの生活習慣病や認知症などの精神疾患では、症状が現れる前に生体分子の変化が生じ、病気の進行に伴ってその変化がさらに蓄積・変質していきます。このような分子の変化を発症に至る過程の源流で捉える、病態バイオマーカーイメージングの基盤技術を開発します。この技術により病態メカニズムを明らかにするとともに、疾患の診断や治療戦略の基盤となる情報を統合します。さらに、原因分子の異常を超早期に発見し先制医療に結びつけることや健康が損なわれる過程を定量化することで、医療イノベーションの礎を確立します。

研究テーマ

  • 健康・未病バイオマーカーの創出と分子イメージングによる解析
  • 病態進行バイオマーカーの創出と分子イメージングによる解析
  • 健康科学・病態科学に根ざした製品開発の客観的イメージング指標の開発

主要論文

  • Kusuhara H, Takashima T, Fujii H, et al.
    Comparison of pharmacokinetics of newly discovered aromatase inhibitors by a cassette microdosing approach in healthy Japanese subjects.
    Drug Metabolism and Pharmacokinetics 32(6). 293-300(2017) doi: 10.1016/j.dmpk.2017.09.003
  • Nozaki S, Ozaki N, Suzuki S, et al.
    Development of diagnostic techniques for early rheumatoid arthritis using positron emission tomography with [11C]PK11195 and [11C]ketoprofen tracers.
    Molecular Imaging and Biology 19(5). 746-753(2017) doi: 10.1007/s11307-016-1039-5
  • Mizuno K, Kawatani J, Tajima K, et al.
    Low putamen activity associated with poor reward sensitivity in childhood chronic fatigue syndrome.
    NeuroImage: Clinical 12. 600-606(2016) doi: 10.1016/j.nicl.2016.09.016
  • Mizuno K, Tanaka M, Tanabe HC, et al.
    Less efficient and costly processes of frontal cortex in childhood chronic fatigue syndrome.
    NeuroImage: Clinical 9. 355-368 (2015) doi: 10.1016/j.nicl.2015.09.001
  • Doi H, Mawatari A, Kanazawa M, et al.
    Synthesis of 11C-Labeled Thiamine and Fursultiamine for in Vivo Molecular Imaging of Vitamin B1 and Its Prodrug Using Positron Emission Tomography.
    The Journal of Organic Chemistry 80(12). 6250-6258 (2015) doi: 10.1021/acs.joc.5b00685
  • Ishii A, Karasuyama T, Kikuchi T, et al.
    The neural mechanisms of re-experiencing mental fatigue sensation: a magnetoencephalography study.
    PLOS ONE 10(3). e0122455(2015) doi: 10.1371/journal.pone.0122455
  • Shingaki T, Hume WE, Takashima T, et al.
    Quantitative Evaluation of mMate1 Function Based on Minimally Invasive Measurement of Tissue Concentration Using PET with [11C]Metformin in Mouse.
    Pharmaceutical Research 32(8). 2538-2547(2015) doi: 10.1007/s11095-015-1642-1
  • Cui YL, Toyoda H, Sako T, et al.
    A voxel-based analysis of brain activity in high-order trigeminal pathway in the rat induced by cortical spreading depression.
    Neuroimage 108. 17-22 (2015) doi: 10.1016/j.neuroimage.2014.12.047
  • Nakatomi Y, Mizuno K, Ishii A, et al.
    Neuroinflammation in patients with chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: an 11C-(R)-PK11195 PET study.
    Journal of Nuclear Medicine 55(6). 945-950 (2014) doi: 10.2967/jnumed.113.131045
  • Takahashi K, Hosoya T, Onoe K, et al.
    [11C]Cetrozole: an Improved C-[11C]Methylated PET Probe for Aromatase Imaging in the Brain.
    Journal of Nuclear Medicine 55(5). 852-857 (2014) doi: 10.1523/JNEUROSCI.0220-16.2016

メンバー

渡辺 恭良チームリーダー yywata[at]riken.jp
和田 康弘副チームリーダー yasuwada[at]riken.jp
水野 敬上級研究員* keimizuno[at]riken.jp
喜井 勲上級研究員* isao.kii[at]riken.jp CV
高橋 佳代上級研究員 kayo.takahashi[at]riken.jp
野崎 聡研究員 satoshi.nozaki[at]riken.jp
金山 洋介研究員 ykana[at]riken.jp
佐々木 章宏研究員 akihiro.sasaki[at]riken.jp
金子 健一研究員 kenichi.kaneko[at]riken.jp
中岡 貴義研究員
水間 広研究員 mizuma_hiroshi[at]riken.jp
祖納元 りえリサーチアソシエイト
伊藤 晴海リサーチアソシエイト harumi.ito.ju[at]riken.jp
尾上 嘉代技師
蔵地 理代技師
林中 恵美テクニカルスタッフI
角田 ちぬよテクニカルスタッフI chinuyos[at]riken.jp
中谷 友香テクニカルスタッフI yu-nakatani[at]riken.jp
大和田 志乃テクニカルスタッフI
入江 さつきテクニカルスタッフI
松本 佳乃テクニカルスタッフI
渡辺 恭介JRA
高見 千尋人材派遣
平野 佳子アシスタント
水谷 美由紀アシスタント
長友 陽子アシスタント*
藤原 美紀アシスタント*
浅野 智子アシスタント*
岡部 直美アシスタント*

*:兼務/ [at]を@に変えてください