生体モデル開発ユニット|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

生体モデル開発ユニット

ユニットリーダー

清成 寛Ph.D.

ーモデル動物を科学するー安定した動物飼育と技術支援を目指して

研究内容

生体モデル開発ユニットは、先端の生殖工学技術を駆使し、また種々の開発研究を通して、メディカル・バイオ研究分野に欠かせない主要実験動物種の飼育管理、動物実験支援、また新規モデル動物の開発を統合的に行っています。これらの技術を駆使して、理研神戸事業所においては、SPF環境下でのマウス・ラットの系統維持、飼育管理はもちろんのこと、生体実験材料などの提供も行いながら幅広い動物実験ニーズに対応するとともに、適正な動物実験を推進するための教育訓練なども推し進めています。また近年、スンクス(トガリネズミ目)、ソメワケササクレヤモリ(爬虫類)、ハイイロジネズミオポッサム(有袋類)などの新たなモデル動物系を確立し、研究コミュニティーへの供給に向けての体制を整備しています。さらに、生体ゲノム工学研究チームとの連携により、最先端の生殖・発生工学技術を駆使して、理研及び国内外の研究者へのゲノム改変マウス作製や系統分与を行うと共に、マウス初期胚を用いたイメージングによる発生研究も行っています。

研究テーマ

  • 生殖・発生工学技術の開発
  • 新たなマウス初期胚発生解析法の確立

主要論文

  • Kiyonari H, Kaneko M, Abe T, et al.
    Dynamic organelle localization and cytoskeletal reorganization during preimplantation mouse embryo development revealed by live imaging of genetically encoded fluorescent fusion proteins.
    Genesis. 57(2). e23277 (2019) doi: 10.1002/dvg.23277
  • Nakao H, Harada T, Nakao K, et al.
    A possible aid in targeted insertion of large DNA elements by CRISPR/Cas in mouse zygotes.
    Genesis. 54(2). 65-77 (2016) doi: 10.1002/dvg.22914
  • Yoshida M, Kajikawa E, Kurokawa D, et al.
    Conserved and divergent expression patterns of markers of axial development in eutherian mammals.
    Developmental Dynamics 245(1). 67-86 (2016) doi: 10.1002/dvdy.24352
  • Katayama A, Nakatsuka A, Eguchi J, et al.
    Beneficial impact of Gpnmb and its significance as a biomarker in nonalcoholic steatohepatitis.
    Scientific Reports 5, 16920 (2015). doi: 10.1038/srep16920
  • Hara Y, Tatsumi K, Yoshida M, et al.
    Optimizing and benchmarking de novo transcriptome sequencing: from library preparation to assembly evaluation.
    BMC Genomics 16(1). 977 (2015) doi: 10.1186/s12864-015-2007-1
  • Popov LM, Marceau CD, Starkl PM, et al.
    The adherens junctions control susceptibility to Staphylococcus aureus α-toxin.
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 112(46). 14337-14342 (2015) doi: 10.1073/pnas.1510265112
  • Nakatsu Y, Iwashita M, Sakoda H, et al.
    Prolyl isomerase Pin1 negatively regulates AMP-activated protein kinase (AMPK) by associating with the CBS domain in the γ subunit.
    The Journal of Biological Chemistry 290(40). 24255-24266 (2015) doi: 10.1074/jbc.M115.658559
  • Hirate Y, Hirahara S, Inoue K
    Potential biomarkers of fatigue identified by plasma metabolome analysis in rats.
    Development, Growth & Differentiation 57(8). 544-556 (2015) doi: 10.1111/dgd.12235
  • Imai Y, Kobayashi Y, Inoshita T, et al.
    The Parkinson's Disease-Associated Protein Kinase LRRK2 Modulates Notch Signaling through the Endosomal Pathway.
    PLOS Genetics 16(5), 517-532 (2015). doi: 10.1371/journal.pgen.1005503
  • Cui YL, Toyoda H, Sako T, et al.
    A voxel-based analysis of brain activity in high-order trigeminal pathway in the rat induced by cortical spreading depression.
    Neuroimage 108. 17-22 (2015) doi: 10.1016/j.neuroimage.2014.12.047
  • Lee MS, Hwang KS, Oh HW, et al.
    IFT46 plays an essential role in cilia development.
    Developmental Biology 400(2). 248-257 (2015) doi: 10.1016/j.ydbio.2015.02.009

メンバー

清成 寛ユニットリーダー hiroshi.kiyonari[at]riken.jp
古田 泰秀研究員*
阿部 高也研究員
井上 健一テクニカルスタッフ
秋山 花梨テクニカルスタッフ
金子 麻里テクニカルスタッフ
佐藤 美帆テクニカルスタッフ
繁田 麻葉テクニカルスタッフ
白石 亜紀テクニカルスタッフ
徳永 友子テクニカルスタッフ
野田 満紗子テクニカルスタッフ
山本 大輔テクニカルスタッフ
野村 弥和子テクニカルスタッフ
德原 智子テクニカルスタッフ
坂東 可菜テクニカルスタッフ*
綿世 恵美テクニカルスタッフ
中野 浩平テクニカルスタッフ
東川 倫子テクニカルスタッフ*
奥川 雅代アシスタント

*:兼務/ [at]を@に変えてください