ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

ZHANG Kam チームリーダーの写真

チームリーダー
ZHANG Kam Ph.D.

構造バイオインフォマティクス研究チーム

拠点横浜

E-mail kamzhang[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

We compute for life.

タンパク質の複雑な生物学的機能は、同じく複雑な三次元構造によって決定されます。私たちは、こうしたタンパク質の構造を計算科学的に研究することで、その機能を理解し、調節することを目指しています。そのため、タンパク質構造予測における手法を開発し、また、設計原理を応用し、新規の構造をもつ、新しい生物学的機能あるいは治療効果のあるタンパク質を創造します。X 線とCryo-EM のモデル構築と改良の新しい方法を開発し,さらには様々な創薬標的に対する新たな阻害剤の発見に向けた、計算手法の開発や応用を行います。

Protein design and structure prediction, X-ray & Cryo-EM model building and refinement, Computational structure-based drug design

研究テーマ

  • タンパク質構造予測および設計
  • X線とCryo-EMモデルの構築と改良
  • バーチャルスクリーニングおよび薬剤設計

主要論文

Yagi S, Padhi AK, Vucinic J, et al.
Seven Amino Acid Types Suffice to Create the Core Fold of RNA Polymerase.
Journal of the American Chemical Society (2021) doi: 10.1021/jacs.1c05367

Kaushik R, Zhang KYJ.
ProFitFun: A Protein Tertiary Structure Fitness Function for Quantifying the Accuracies of Model Structures.
Bioinformatics (Oxford, England) (2021) doi: 10.1093/bioinformatics/btab666

Padhi AK, Kumar A, Haruna KI, et al.
An integrated computational pipeline for designing high-affinity nanobodies with expanded genetic codes.
Briefings in bioinformatics (2021) doi: 10.1093/bib/bbab338

Jiang X, Kumar A, Motomura Y, et al.
A Series of Compounds Bearing a Dipyrido-Pyrimidine Scaffold Acting as Novel Human and Insect Pest Chitinase Inhibitors.
Journal of medicinal chemistry 63(3), 987-1001 (2020) doi: 10.1021/acs.jmedchem.9b01154

Terada D, Voet ARD, Noguchi H, et al.
Computational design of a symmetrical ß-trefoil lectin with cancer cell binding activity.
Scientific Reports 7, 5943 (2017) doi: 10.1038/s41598-017-06332-7

Voet ARD, Noguchi H, Addy C, et al.
Biomineralization of a Cadmium Chloride Nanocrystal by a Designed Symmetrical Protein.
Angewandte Chemie International Edition 54, 9857-9860 (2015) doi: 10.1002/anie.201503575

Voet ARD, Noguchi H, Addy C, et al.
Computational design of a self-assembling symmetrical β-propeller protein.
Proceedings of the National Academy of Sciences of United States of America 111, 15102-15107 (2014) doi: 10.1073/pnas.1412768111

Kumar A, Ito A, Hirohama M, et al.
Identification of Sumoylation Inhibitors Targeting a Predicted Pocket in Ubc9.
Journal of Chemical Information and Modeling 54, 2784−2793 (2014) doi: 10.1021/ci5004015

Simoncini D, Zhang KYJ.
Efficient sampling in fragment-based protein structure prediction using an estimation of distribution algorithm.
PLoS ONE 8, e68954 (2013) doi: 10.1371/journal.pone.0068954

Berenger F, Zhou Y, Shrestha R, Zhang KYJ.
Entropy-accelerated exact clustering of protein decoys.
Bioinformatics 27, 939 (2011) doi: 10.1093/bioinformatics/btr072

メンバー

ZHANG Kam チームリーダーの写真

チームリーダーZHANG Kam

  • kamzhang[at]riken.jp
    ([at]を@に置き換えてください)
プロフィール写真

上級研究員KUMAR Ashutosh

  • akumar[at]riken.jp
プロフィール写真

研究員KAUSHIK Rahul

  • rahul.kaushik[at]riken.jp
プロフィール写真

訪問研究員PADHI Aditya

  • adityakumar.padhi[at]riken.jp
プロフィール写真

国際プログラム・アソシエイトTAM Chun Lai

  • chunlai.tam[at]riken.jp

研修生MUHAMMAD Erma Fatiha

客員研究員KALARICKAL VIJAYAN Dileep

客員研究員BERENGER Francois

(Please replace [at] with @)

PAGE
TOP