ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

YOO Sa Kanチームリーダーの写真

チームリーダー
YOO Sa Kan MD, Ph.D.

動的恒常性研究チーム

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mail sakan.yoo[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

生体は恒常性破綻にどのように対応するのかを研究します

生物は、傷や病気といった、生体内の恒常性の破綻にある程度まで対応することができます。その結果、恒常性の回復を達成できることもあれば、組織や最終的には個体の死に至ることがあります。どこまで対応できるかは、生物の種類、組織の成熟度などに依存します。このような現象自体はよく知られていますが、そのメカニズムの詳細はいまだ謎に包まれています。私たちは、このような現象を、ショウジョウバエを用いて遺伝学的アプローチやイメージングのできる実験系に落とし込むことで、そのメカニズムを、細胞・組織・個体レベルで明らかにすることを目指します。具体的には、ショウジョウバエを使い、次の疑問を解決することを目指します。

  • 1.癌は生物にどのような影響を与えるのか?
  • 2.老化のメカニズムはいったい何か?
  • 3.生物は栄養異常にどう対応するか?
  • 4.組織幹細胞はどうして死なないのか?
  • 5.新しい細胞死エレボーシスはどのように制御されるか?

主要論文

Ciesielski HM, Nishida H, Takano T, et al.
Erebosis, a new cell death mechanism during homeostatic turnover of gut enterocytes
PLoS Biology 20(4), e3001586 (2022) doi: 10.1371/journal.pbio.3001586

Nishida H, Okada M, Yang L, et al.
Methionine restriction breaks obligatory coupling of cell proliferation and death by an oncogene Src in Drosophila.
eLife 10, e59809 (2021) doi: 10.7554/eLife.59809

Sasaki A, Nishimura T, Takano T, et al.
white regulates proliferative homeostasis of intestinal stem cells during ageing in Drosophila.
Nature metabolism 3(4), 546-557 (2021) doi: 10.1038/s42255-021-00375-x

Yoo SK, Pascoe H, Pereira T, et al.
Plexins function in epithelial repair in both Drosophila and zebrafish.
Nature Communications 7, 12282 (2016) doi: 10.1038/ncomms12282

Yoo SK, Freisinger C, LeBert D, Huttenlocher A.
Early redox, Src family kinase and calcium signaling integrate wound responses and tissue regeneration in zebrafish.
Journal of Cell Biology 199, 225-34 (2012) doi: 10.1083/jcb.201203154

Yoo SK, Lam PY, Eichelberg M, et al.
The role of microtubules in neutrophil polarity and migration in live zebrafish.
Journal of Cell Science 125, 5702-10 (2012) doi: 10.1242/jcs.108324

Yoo SK, Starnes TW, Deng Q, Huttenlocher A.
Lyn is a redox sensor that mediates leukocyte wound attraction in vivo .
Nature 480, 109-12 (2012) doi: 10.1038/nature10632

Deng Q, Yoo SK, Cavnar P, et al.
Dual roles for Rac2 in neutrophil motility and retention in zebrafish hematopoietic tissues.
Developmental Cell 21, 735-45 (2011) doi: 10.1016/j.devcel.2011.07.013

Yoo SK, Huttenlocher A.
Spatiotemporal photolabeling of neutrophils during induction and resolution of inflammation in zebrafish.
Journal of Leukocyte Biology 89, 661-667 (2011) doi: 10.1189/jlb.1010567

Walters KB, Green JM, Surfus JC, et al.
Live imaging of neutrophil motility in a zebrafish model of WHIM syndrome.
Blood 116, 2803-2811 (2010) doi: 10.1182/blood-2010-03-276972

Yoo SK, Deng Q, Cavnar P, et al.
Differential regulation of protrusion and polarity by PI(3)K during neutrophil motility in live zebrafish.
Developmental Cell 18, 226-236 (2010) doi: 10.1016/j.devcel.2009.11.015

Yoo SK, Huttenlocher A.
Innate immunity: wounds burst H2 O2 signals to leukocytes.
Current Biology 19, 553-5 (2009) doi: 10.1016/j.cub.2009.06.025

Nishita M, Yoo SK, Nomachi A, et al.
Filopodia formation mediated by receptor tyrosine kinase Ror2 is required for Wnt5a-induced cell migration.
Journal of Cell Biology 175, 555-62 (2006) doi: 10.1083/jcb.200607127

PAGE
TOP