ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

渡辺恭良チームリーダーの写真

チームリーダー
渡辺 恭良 M.D., Ph.D.

健康・病態科学研究チーム

拠点神戸/MI R&Dセンタービル

E-mail yywata[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

—分子を活かす—動物の研究からヒトの研究へ橋渡しをします

がんなどの生活習慣病や認知症などの精神疾患では、症状が現れる前に生体分子の変化が生じ、病気の進行に伴ってその変化がさらに蓄積・変質していきます。このような分子の変化を発症に至る過程の源流で捉える、病態バイオマーカーイメージングの基盤技術を開発します。この技術により病態メカニズムを明らかにするとともに、疾患の診断や治療戦略の基盤となる情報を統合します。さらに、原因分子の異常を超早期に発見し先制医療に結びつけることや健康が損なわれる過程を定量化することで、医療イノベーションの礎を確立します。

生体イメージング基礎・臨床研究拠点

研究テーマ

  • 健康・未病バイオマーカーの創出と分子イメージングによる解析
  • 病態進行バイオマーカーの創出と分子イメージングによる解析
  • 健康科学・病態科学に根ざした製品開発の客観的イメージング指標の開発

主要論文

Fukuchi T, Niwa T, Hosoya T, Watanabe Y.
Computational Study for Amino Acid Production from Carboxylic Acid via 14C β-decay.
Journal of the Physical Society of Japan 91, 064301 (2022) doi: 10.7566/JPSJ.91.064301

Zhang K, Sun Y, Wu S, et al.
Systematic imaging in medicine: a comprehensive review.
European journal of nuclear medicine and molecular imaging 48(6), 1736-1758 (2021) doi: 10.1007/s00259-020-05107-z

Watanabe Y, Mawatari A, Aita K, et al.
PET imaging of 11C-labeled thiamine tetrahydrofurfuryl disulfide, vitamin B1 derivative: First-in-human study.
Biochemical and biophysical research communications 555, 7-12 (2021) doi: 10.1016/j.bbrc.2021.03.119

Li D, Hu D, Shigeta M, et al.
Homeostatic disturbance of thermoregulatory functions in rats with chronic fatigue.
Neuroscience research 165, 45-50 (2021) doi: 10.1016/j.neures.2020.04.005

Vong K, Tahara T, Urano S, et al.
Disrupting tumor onset and growth via selective cell tagging (SeCT) therapy.
Science advances 7(17), eabg4038 (2021) doi: 10.1126/sciadv.abg4038

Yamano E, Watanabe Y, Kataoka Y.
Insights into Metabolite Diagnostic Biomarkers for Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome.
International journal of molecular sciences 22(7), 3423 (2021) doi: 10.3390/ijms22073423

Hu D, Li D, Shigeta M, et al.
Alleviation of the chronic stress response attributed to the antioxidant and anti-inflammatory effects of electrolyzed hydrogen water.
Biochemical and biophysical research communications 535, 1-5 (2021) doi: 10.1016/j.bbrc.2020.12.035

Watanabe Y.
PET/SPECT/MRI/fMRI Studies in the Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome.
In: PET and SPECT in Psychiatry (Dierckx RAJO, Otte A, de Vries EFJ, wan Waarde A, Sommer IE, eds.) Springer, 985-1002 (2021)

Mukai H, Watanabe Y.
Review: PET imaging with macro- and middle-sized molecular probes.
Nuclear medicine and biology 92, 156-170 (2021) doi: 10.1016/j.nucmedbio.2020.06.007

Mizuno K, Ojiro D, Tanaka T, et al.
Relationship between truck driver fatigue and rear-end collision risk.
PloS one 15(9), e0238738 (2020) doi: 10.1371/journal.pone.0238738

Nomura S, Takahashi M, Kato AH, et al.
Biosorption-based 64Cu-labeling of bacteria for pharmacokinetic positron-emission tomography.
International journal of pharmaceutics 590, 119950 (2020) doi: 10.1016/j.ijpharm.2020.119950

Kitami T, Fukuda S, Kato T, et al.
Deep phenotyping of myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome in Japanese population.
Scientific reports 10(1), 19933 (2020) doi: 10.1038/s41598-020-77105-y

Jonasson M, Nordeman P, Eriksson J, et al.
Quantification of aromatase binding in the female human brain using [11 C]cetrozole positron emission tomography.
Journal of neuroscience research 98(11), 2208-2218 (2020) doi: 10.1002/jnr.24707

Smirnov I, Sibgatullina R, Urano S, et al.
A Strategy for Tumor Targeting by Higher-Order Glycan Pattern Recognition: Synthesis and In Vitro and In Vivo Properties of Glycoalbumins Conjugated with Four Different N-Glycan Molecules.
Small (Weinheim an der Bergstrasse, Germany) 16(46), e2004831 (2020) doi: 10.1002/smll.202004831

Kawano T, Naito J, Nishioka M, et al.
Effect of Food Containing Paramylon Derived from Euglena gracilis EOD-1 on Fatigue in Healthy Adults: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Parallel-Group Trial.
Nutrients 12(10), E3098 (2020) doi: 10.3390/nu12103098

Mizuno K, Sasaki AT, Watanabe K, Watanabe Y.
Ubiquinol-10 Intake Is Effective in Relieving Mild Fatigue in Healthy Individuals.
Nutrients 12(6), E1640 (2020) doi: 10.3390/nu12061640

Nakaoka T, Uetake Y, Kaneko KI, et al.
Practical Synthesis of [18F]Pitavastatin and Evaluation of Hepatobiliary Transport Activity in Rats by Positron Emission Tomography.
Molecular pharmaceutics 17(6), 1884-1898 (2020) doi: 10.1021/acs.molpharmaceut.9b01284

Fukuchi T, Yamamoto S, Kataoka J, et al.
Beta-ray imaging system with γ-ray coincidence for multiple-tracer imaging.
Medical physics 47(2), 587-596 (2020) doi: 10.1002/mp.13947

メンバー

渡辺恭良チームリーダーの写真

チームリーダー渡辺 恭良

  • yywata[at]riken.jp
    ([at]を@に置き換えてください)

副チームリーダー和田 康弘

  • yasuwada[at]riken.jp

副チームリーダー本村 信治

  • motomura[at]riken.jp

上級研究員*水野 敬

  • keimizuno[at]riken.jp

上級研究員高橋 佳代

  • kayo.takahashi[at]riken.jp

研究員金山 洋介

  • ykana[at]riken.jp

研究員佐々木 章宏

  • akihiro.sasaki[at]riken.jp

研究員福地 知則

  • tfukuchi[at]riken.jp

研究員*渡辺 恭介

研究員*山野 恵美

技師尾上 嘉代

技師後藤 美樹

専門技術員林中 恵美

テクニカルスタッフI中谷 友香

  • yu-nakatani[at]riken.jp

テクニカルスタッフI大和田 志乃

テクニカルスタッフI 松本 佳乃

テクニカルスタッフI 東 明奈

研究パートタイマーⅡ山口 修平

事務パートタイマーⅡ竹本 佳美

事務パートタイマーⅡ満野 麻耶

人材派遣大塚 なつみ

訪問研究員河合 英理子

アシスタント柴田 真依

アシスタント *長友 陽子

アシスタント *藤原 美紀

(* 兼務/[at]を@に変えてください)

ニュース

2022年11月29日
研究成果
2022年10月26日
研究成果
2022年4月27日
研究成果
2022年4月5日
研究成果
2022年1月11日
お知らせ
2021年10月19日
研究成果
2021年7月26日
研究成果
2020年12月28日
研究成果
2020年9月18日
お知らせ
2019年12月27日
研究成果
2019年12月11日
研究成果
2019年5月20日
研究成果
2019年1月15日
研究成果
2018年12月10日
研究成果
2018年11月5日
研究成果

PAGE
TOP