ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

白水 美香子チームリーダーの写真

チームリーダー
白水 美香子 Ph.D.

タンパク質機能・構造研究チーム

拠点横浜

E-mail mikako.shirouzu[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

創薬・医療等のライフイノベーションに貢献する構造解析技術基盤を構築

個別化医療を実現する薬の開発においては、ターゲットとなる疾患に関与するタンパク質の機能と構造の情報の蓄積が一層重要となります。これまで解析が難しかった膜タンパク質をはじめとする高難度タンパク質の試料調製法や、生体分子複合体のクライオ電子顕微鏡による解析技術の開発を進めながら、創薬・医療等のライフイノベーションに貢献する構造解析技術の基盤を構築します。立体構造情報は、候補化合物のインシリコスクリーニングや動的構造計算に供され、創薬への貢献や、細胞機能のシミュレーション研究へと発展することが期待されます。

クライオ電子顕微鏡

主要論文

Kasahara K, Re S, Nawrocki G, et al.
Reduced Efficacy of a Src Kinase Inhibitor in Crowded Protein Solution.
Nature Communications 12, 4099 (2021) doi: 10.1038/s41467-021-24349-5

Kukimoto-Niino M, Katsura K, Kaushik R, et al.
Cryo-EM structure of the human ELMO1-DOCK5-Rac1 complex.
Science Advances 7(30), eabg3147 (2021) doi: 10.1126/sciadv.abg3147

Bracun L, Yamagata A, Christianson BM, et al.
Cryo-EM structure of the photosynthetic RC-LH1-PufX supercomplex at 2.8-Å resolution.
Science Advances 7(25), eabf8864 (2021) doi: 10.1126/sciadv.abf8864

Sugizaki A, Sato K, Chiba K, et al.
POLArIS, a versatile probe for molecular orientation, revealed actin filaments associated with microtubule asters in early embryos.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 118(11), e2019071118 (2021) doi: 10.1073/pnas.2019071118

Kobayashi H, Hatakeyama H, Nishimura H, et al.
Chemical reversal of abnormalities in cells carrying mitochondrial DNA mutations.
Nature Chemical Biology 17, 335-343 (2020) doi: 10.1038/s41589-020-00676-4

Ihara K, Hato M, Nakane T, et al.
Isoprenoid-chained lipid EROCOC17+4: a new matrix for membrane protein crystallization and a crystal delivery medium in serial femtosecond crystallography.
Scientific Reports 10(1), 19305 (2020) doi: 10.1038/s41598-020-76277-x

Yokoyama T, Machida K, Iwasaki W, et al.
HCV IRES Captures an Actively Translating 80S Ribosome.
Molecular Cell 74(6), 1205-1214 e1208 (2019) doi: 10.1016/j.molcel.2019.04.022

Kashiwagi K, Yokoyama T, Nishimoto M, et al.
Structural basis for eIF2B inhibition in integrated stress response.
Science 364(6439), 495-499 (2019) doi: 10.1126/science.aaw4104

Ehara H, Kujirai T, Fujino Y, et al.
Structural insight into nucleosome transcription by RNA polymerase II with elongation factors.
Science 363(6428), 744-747 (2019) doi: 10.1126/science.aav8912

Matsuda T, Ito T, Takemoto C, et al.
Cell-free synthesis of functional antibody fragments to provide a structural basis for antibody-antigen interaction.
PloS one 13(2), e0193158 (2018) doi: 10.1371/journal.pone.0193158

ニュース

2022年6月28日
研究成果
2022年5月18日
研究成果
2022年2月28日
研究成果
2022年2月18日
研究成果
2021年12月8日
研究成果
2021年7月22日
研究成果
2021年7月9日
研究成果
2021年2月18日
お知らせ
2020年11月21日
研究成果
2020年7月8日
お知らせ
2019年5月14日
研究成果
2019年2月8日
研究成果
2018年10月2日
研究成果
2018年5月7日
お知らせ

PAGE
TOP