ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

働く・学ぶ

働く・学ぶ

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

澁谷 大輝チームリーダーの写真

チームリーダー
澁谷 大輝 Ph.D.

配偶子形成研究チー厶

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mailhiroki.shibuya[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

大学院生募集中

種の存続を担保する生殖細胞の特殊性に迫る

生き物は個体レベルで寿命を迎えても、生殖細胞において遺伝情報をリフレッシュし、正確に次世代へと引継ぐことで種のレベルでは半永続的に存続可能です。これらの過程を担保するため、生殖細胞では減数分裂と呼ばれる染色体の数を半減させるための特殊な細胞分裂や、受精に特化した細胞形態である精子や卵子(配偶子)への分化など、ユニークな生命現象が多くみられます。当チームは、マウスや線虫の遺伝学、サイトロジー、生化学、等の手法を組合わせ、生殖細胞に特異的な生命現象の分子基盤を研究しています。特に、減数分裂時における染色体の運動・相同組替え過程・染色体分配制御、そして精子細胞における中心体による鞭毛形成機構などに焦点を当てています。

主要論文

He S, Gillies JP, Zang JL, et al.
Distinct dynein complexes defined by DYNLRB1 and DYNLRB2 regulate mitotic and male meiotic spindle bipolarity.
Nature Communications 14(1), 1715 (2023) doi: 10.1038/s41467-023-37370-7

Zhang K, Tarczykowska A, Gupta DK, et al.
The TERB1 MYB domain suppresses telomere erosion in meiotic prophase I.
Cell Reports 38(4), 110289 (2022) doi: 10.1016/j.celrep.2021.110289

Pendlebury DF, Zhang J, Agrawal R, et al.
Structure of a meiosis-specific complex central to BRCA2 localization at recombination sites.
Nature Structural & Molecular Biology 28(8), 671-680 (2021) doi: 10.1038/s41594-021-00635-0

Yamamoto I, Zhang K, Zhang J, et al.
Telomeric double-strand DNA-binding proteins DTN-1 and DTN-2 ensure germline immortality in Caenorhabditis elegans.
eLife 10, e64104 (2021) doi: 10.7554/eLife.64104

Zhang J, Gurusaran M, Fujiwara Y, et al.
The BRCA2-MEILB2-BRME1 complex governs meiotic recombination and impairs the mitotic BRCA2-RAD51 function in cancer cells.
Nature Communications 11(1), 2055 (2020) doi: 10.1038/s41467-020-15954-x

Zhang J, Fujiwara Y, Yamamoto S, Shibuya H.
A meiosis-specific BRCA2 binding protein recruits recombinases to DNA double-strand breaks to ensure homologous recombination.
Nature Communications 10(1), 722 (2019) doi: 10.1038/s41467-019-08676-2

Zhang J, Tu Z, Watanabe Y, Shibuya H.
Distinct TERB1 Domains Regulate Different Protein Interactions in Meiotic Telomere Movement.
Cell Reports 21(7), 1715-1726 (2017) doi: 10.1016/j.celrep.2017.10.061

Shibuya H, Hernández-Hernández A, Morimoto A, et al.
MAJIN Links Telomeric DNA to the Nuclear Membrane by Exchanging Telomere Cap.
Cell 163(5), 1252-1266 (2015) doi: 10.1016/j.cell.2015.10.030

Shibuya H, Morimoto A, Watanabe Y.
The dissection of meiotic chromosome movement in mice using an in vivo electroporation technique.
PLOS Genetics 10(12), e1004821 (2014) doi: 10.1371/journal.pgen.1004821

Shibuya H, Ishiguro K, Watanabe Y.
The TRF1-binding protein TERB1 promotes chromosome movement and telomere rigidity in meiosis.
Nature Cell Biology 16(2), 145-156 (2014) doi: 10.1038/ncb2896

メンバー

澁谷 大輝

チームリーダー

PAGE
TOP