ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

森下 喜弘チームリーダーの写真

チームリーダー
森下 喜弘 Ph.D.

発生幾何研究チーム

拠点神戸

E-mail yoshihiro.morishita[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

器官発生・再生過程において正しい形態が作られるしくみを理論と実験から研究する

発生現象は、分子、細胞、組織という異なる空間スケールでの現象からなるマルチスケールなシステムであると同時に、分子による時空間情報の伝達や読み取り、細胞の増殖や運動を通じた組織内応力の発生、それに伴う幾何学的な組織変形といったマルチフィジクスなシステムでもあります。本研究チームでは、理論と実験の両研究を通じ、異なるスケールや性質をもつ現象、及び現象間の動的かつ協調的な相互作用を定量的に理解することを目指します。

研究テーマ

  • 器官レベルの形態形成定量イメージングと幾何学的解析
  • 微成長組織内における細胞の時空間認識メカニズム
  • 器官形態形成過程の力学モデリング
  • 細胞集団運動を通じた空間パターニングの計測とモデリング

主要論文

Kawahira N, Ohtsuka D, Kida N, et al.
Quantitative analysis of 3D tissue deformation reveals key cellular mechanism associated with initial heart looping.
Cell Reports 30, 3889-3903 (2020) doi: https://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(20)30239-4

Yamada T, Hironaka KI, Habara O, et al.
A developmental checkpoint directs metabolic remodelling as a strategy against starvation in Drosophila.
Nature metabolism 2(10), 1096-1112 (2020) doi: 10.1038/s42255-020-00293-4

Suzuki T, Morishita Y.
A quantitative approach to understanding vertebrate limb morphogenesis at the macroscopic tissue level.
Current Opinion in Genetics and Development 45, 108-114 (2017) doi: 10.1016/j.gde.2017.04.005

Lee SW, Morishita Y.
Possible roles of mechanical cell elimination intrinsic to growing tissues from the perspective of tissue growth efficiency and homeostasis.
Plos Computational Biology 13(7), e1005651 (2017) doi: 10.1371/journal.pcbi.1005651

Morishita Y, Hironaka K, Lee SW, et al.
Reconstructing 3D deformation dynamics for curved epithelial sheet morphogenesis from positional data of sparsely-labeled cells.
Nature Communications 8, 15 (2017) doi: 10.1038/s41467-017-00023-7

Hironaka K, Morishita Y.
Adaptive significance of critical weight for metamorphosis in holometabolous insects.
Journal of Theoretical Biology 417, 68-83 (2017) doi: 10.1016/j.jtbi.2017.01.014

Morishita Y, Kuroiwa A, Suzuki T.
Quantitative analysis of tissue deformation dynamics reveals three characteristic growth modes and globally aligned anisotropic tissue deformation during chick limb development.
Development 142(9), 1672-1683 (2015) doi: 10.1242/dev.109728

Morishita Y, Suzuki T.
Bayesian inference of whole-organ deformation dynamics from limited space-time point data.
Journal of Theoretical Biology 357, 74-85 (2014) doi: 10.1016/j.jtbi.2014.04.027

Hironaka K, Morishita Y.
Encoding and decoding of positional information in morphogen-dependent patterning.
Current Opinion in Genetics and Development 22(6), 553-561 (2012) doi: 10.1016/j.gde.2012.10.002

Morishita Y, Iwasa Y.
Coding Design of Positional Information for Robust Morphogenesis.
Biophysical Journal 101(10), 2324-2335 (2011) doi: 10.1016/j.bpj.2011.09.048

Morishita Y, Iwasa Y.
Accuracy of positional information provided by multiple morphogen gradients with correlated noise.
Physical Review E 79(6), 061905 (2009) doi: 10.1103/PhysRevE.79.061905

Morishita Y, Iwasa Y.
Optimal placement of multiple morphogen sources.
Physical Review E 77(4), 041909 (2008) doi: 10.1103/PhysRevE.77.041909

PAGE
TOP