ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

働く・学ぶ

働く・学ぶ

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

宮道 和成チームリーダーの写真

チームリーダー
宮道 和成 Ph.D.

比較コネクトミクス研究チーム

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mail kazunari.miyamichi[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

大学院生募集中!

社会行動を司る神経回路の構造と作動原理を探る

脳は、特定のライフステージの要求に応じて、身体の生理や行動を柔軟に適応させることができます。例えば、身体の成熟と栄養状態が生殖に適した状態になると、性的成熟が開始されます。 乳幼児に対する親の養育行動は、自分の子供が期待される時期に強く促進されます。乳汁分泌を制御する特定の神経活動パターンは、授乳期の母親に特異的に出現します。 これらの例は、生体の内部状態に基づいて脳の入力・出力を柔軟に調整する神経機構の存在を示唆します。しかし、このような適応的な可塑性が神経回路レベルでどのように実現されているかは、ほとんど分かっていません。 そこで私たちは、マウスをモデルに視床下部を基軸として前頭皮質から交感神経系に至る広範な脳領域を対象に、マウスのライフステージに合わせた柔軟な神経機能の発現メカニズムを研究しています。 この目的のために私たちは、一細胞RNAseq、ウイルスを用いた回路マッピング技術、in vivoでの神経活動のイメージング、特定の種類の神経細胞の分子・神経操作を自在に組み合わせて研究を展開しています。 これらの研究により、身体生理や動物の行動制御を支える神経基盤やその可塑性に新たな理解を提供することを目指しています。

研究室の主要テーマ

研究テーマ

  • ライフステージの変化に伴う脳の可塑性の構造・分子基盤  
  • 出産・授乳・養育行動を制御する神経回路 
  • 臓器機能を司る交感神経系の構造・機能解析 

主要論文

Goto T, Hagihara M, Miyamichi K.
Dynamics of pulsatile activities of arcuate kisspeptin neurons in aging female mice.
eLife 18, e82533 (2023) doi: 10.7554/eLife.82533

Yaguchi K, Hagihara M, Konno A, et al.
Dynamic modulation of pulsatile activities of oxytocin neurons in lactating wild-type mice
PLOS One 18, e0285589 (2023) doi: 10.1371/journal.pone.0285589

Inada K, Tsujimoto K, Yoshida M, et al.
Oxytocin signaling in the posterior hypothalamus prevents hyperphagic obesity in mice.
eLife 11, e75718 (2022) doi: 10.7554/eLife.75718

Yukinaga H, Hagihara M, Tsujimoto K, et al.
Recording and manipulation of the maternal oxytocin neural activities in mice.
Current Biology 32(17), 3821-3829 (2022) doi: 10.1016/j.cub.2022.06.083

Inada K, Hagihara M, Tsujimoto K, et al.
Plasticity of neural connections underlying oxytocin-mediated parental behaviors of male mice.
Neuron 110(12), 2009-2023 (2022) doi: 10.1016/j.neuron.2022.03.033

Mano T, Murata K, Kon K, et al.
CUBIC-Cloud provides an integrative computational framework toward community-driven whole-mouse-brain mapping.
Cell Reports Methods 1(2), 100038 (2021) doi: 10.1016/j.crmeth.2021.100038

Yoshihara C, Tokita K, Maruyama T, et al.
Calcitonin receptor signaling in the medial preoptic area enables risk-taking maternal care.
Cell Reports 35(9), 109204 (2021) doi: 10.1016/j.celrep.2021.109204

Ishii K K, Osakada T, Mori H, et al.
A labeled-line neural circuit for pheromone-mediated sexual behaviors in mice.
Neuron 95, 123-137 (2017) doi: 10.1016/j.neuron.2017.05.038

ニュース

2023年11月1日 BDRニュース

BDRの研究ネホリハホリ

2023年6月2日 研究成果

2023年5月23日 研究成果

2023年4月13日 BDRニュース

研究人十色

2023年3月23日 BDRニュース

2022年10月27日 研究成果

2022年8月12日 BDRニュース

研究最前線

2022年7月22日 研究成果

2022年4月20日 研究成果

2021年6月22日 BDRニュース

2021年6月22日 研究成果

2021年6月2日 研究成果

2021年3月8日 BDRニュース

科学者の本棚(科学道100冊)

2020年11月5日 BDRニュース

2020年6月25日 BDRニュース

2020年1月15日 BDRニュース

BDRの研究ネホリハホリ

2019年1月16日 BDRニュース

PAGE
TOP