ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

働く・学ぶ

働く・学ぶ

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

近藤武史チームリーダー

チームリーダー
近藤 武史 Ph.D.

発生ゲノムシステム研究チーム

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mail takefumi.kondo [at] riken.jp

[at]を@に変えてください

大学院生募集中

器官の機能と形を調和させる多階層発生システム

動物の体は適切な「形」と「機能」を獲得した器官が組み合わさることによって成り立っています。発生過程において、器官の形は細胞・組織が秩序だって変形を繰り返すことにより作り上げられます。また、器官の機能は細胞の性質に依存しており、器官ごとに細胞は適切に分化し、生理的役割を発揮するための機能を獲得します。そして、これらの物理的・生化学的な現象は同時に進行しています。つまり、器官形成における自己組織化メカニズムを理解するためには、それぞれがどのようなダイナミクスで進行しているのか、両者が時空間的にどのように影響しあっているのか、それによってどのように「形」と「機能」の調和が成し遂げられるのか、を理解しなければならないと考えています。私たちの研究室では、1細胞ゲノミクスやイメージング技術によるゲノム-細胞-組織の各階層のダイナミクス解析やショウジョウバエ遺伝学を組み合わせて、器官の機能と形を調和させる階層を超えた情報フィードバック機構の多様性と普遍的本質を明らかにし、複雑な多細胞システムの制御につなげることを目指しています。

主要論文

Tsuboi A, Fujimoto K, Kondo T.
Spatio-temporal remodeling of extracellular matrix orients epithelial sheet folding.
Science Advances 9, eadh2154 (2023) doi: 10.1126/sciadv.adh2154

Sakaguchi S, Okochi Y, Tanegashima C, et al.
Single-cell transcriptome atlas of Drosophila gastrula 2.0.
Cell Reports 42, 112707 (2023) doi: 10.1016/j.celrep.2023.112707

Okochi Y, Sakaguchi S, Nakae K, et al.
Model-based prediction of spatial gene expression via generative linear mapping.
Nature Communications 12(1), 3731 (2021) doi: 10.1038/s41467-021-24014-x

Kondo T, Hayashi S.
Two-step regulation of trachealess ensures tight coupling of cell fate with morphogenesis in the Drosophila trachea.
eLife 8, e45145 (2019) doi: 10.7554/eLife.45145

Kondo T, Hayashi S.
Mechanisms of cell height changes that mediate epithelial invagination.
Development, Growth & Differentiation 57(4), 313-323 (2015) doi: 10.1111/dgd.12224

Kondo T, Sakuma T, Wada H, et al.
TALEN-induced gene knock out in Drosophila.
Development, Growth & Differentiation 56(1), 86-91 (2014) doi: 10.1111/dgd.12097

Kondo T, Hayashi S.
Mitotic cell rounding accelerates epithelial invagination.
Nature 494(7435), 125-129 (2013) doi: 10.1038/nature11792

Kondo T, Plaza S, Zanet J, et al.
Small peptides switch the transcriptional activity of Shavenbaby during Drosophila embryogenesis.
Science 329(5989), 336-339 (2010) doi: 10.1126/science.1188158

Kondo T, Hashimoto Y, Kato K, et al.
Small peptide regulators of actin-based cell morphogenesis encoded by a polycistronic mRNA.
Nature Cell Biology 9(6), 660-665 (2007) doi: 10.1038/ncb1595

メンバー

Team Leader

チームリーダー近藤 武史

  • takefumi.kondo[at]riken.jp
    ([at]を@に置き換えてください)

研究員坪井 有寿

技師門田 満隆

技師西村 理

専門技術員種子島 千春

テクニカルスタッフⅡ辰見 香織

テクニカルスタッフⅠ趙 杜善

アシスタント佐井藤 紗代

研修生水野 苑子

研修生遠藤 秀太郎

(Please replace [at] with @)

PAGE
TOP