ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

清成 寛チームリーダーの写真

チームリーダー
清成 寛 Ph.D.

生体モデル開発チーム

拠点神戸/発生再生研究棟

E-mailhiroshi.kiyonari[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

ーモデル動物を科学するー
安定した動物飼育と技術支援を目指して

当チームは、実験動物の系統維持・管理、遺伝学、発⽣・⽣殖⼯学に関する技術開発、技術⽀援を通して、理研神⼾事業所における様々な動物実験をサポートすると共に、適正な動物実験を推進するための教育訓練も⾏っています。また、理研のみならず国内外の研究者を対象として、最先端技術を駆使した遺伝子改変マウス作製支援を展開し、これまでに2500を超える遺伝子改変マウス系統を樹立しました。更には、その作製の効率化、高速化を目指した技術開発や、医学・生物学研究分野において広く有用なレポーターマウスの開発、マウス初期胚の発生研究などを進めています。近年は、新たなモデル動物(ヤモリ、スンクス、オポッサム、トゲマウスなど)の開発にも取り組んでいます。

研究テーマ

  • 生殖・発生工学技術の開発
  • 新たなマウス初期胚発生解析法の確立

主要論文

Deviatiiarov R, Ishikawa K, Gazizova G, et al.
Integrative transcription start site analysis and physiological phenotyping reveal torpor-specific expression program in mouse skeletal muscle.
Communications Biology 4(1), 1290 (2021) doi: 10.1038/s42003-021-02819-2

Kiyonari H, Kaneko M, Abe T, et al.
Targeted gene disruption in a marsupial, Monodelphis domestica, by CRISPR/Cas9 genome editing.
Current Biology 31(17), 3956-3963 (2021) doi: 10.1016/j.cub.2021.06.056

Hirata T, Tohsato Y, Itoga H, et al.
NeuroGT: A brain atlas of neurogenic tagging CreER drivers for birthdate-based classification and manipulation of mouse neurons.
Cell Reports Methods 1, 100012 (2021) doi: 10.1016/j.crmeth.2021.100012

Kiyokawa H, Yamaoka A, Matsuoka C, et al.
Airway basal stem cells reutilize the embryonic proliferation regulator, Tgfβ-Id2 axis, for tissue regeneration.
Developmental Cell 56(13), 1917-1929 (2021) doi: 10.1016/j.devcel.2021.05.016

Minegishi K, Rothé B, Komatsu KR, et al.
Fluid flow-induced left-right asymmetric decay of Dand5 mRNA in the mouse embryo requires a Bicc1-Ccr4 RNA degradation complex.
Nature Communications 12(1), 4071 (2021) doi: 10.1038/s41467-021-24295-2

Morita R, Sanzen N, Sasaki H, et al.
Tracing the origin of hair follicle stem cells.
Nature 594(7864), 547-552 (2021) doi: 10.1038/s41586-021-03638-5

Abe T, Inoue KI, Furuta Y, Kiyonari H.
Pronuclear Microinjection during S-Phase Increases the Efficiency of CRISPR-Cas9-Assisted Knockin of Large DNA Donors in Mouse Zygotes.
Cell Reports 31(7), 107653 (2020) doi: 10.1016/j.celrep.2020.107653

Kajikawa E, Horo U, Ide T, et al.
Nodal paralogues underlie distinct mechanisms for visceral left-right asymmetry in reptiles and mammals.
Nature ecology & evolution 4(2), 261-269 (2020) doi: 10.1038/s41559-019-1072-2

Kiyonari H, Kaneko M, Abe T, et al.
Dynamic organelle localization and cytoskeletal reorganization during preimplantation mouse embryo development revealed by live imaging of genetically encoded fluorescent fusion proteins.
Genesis. 57(2), e23277 (2019) doi: 10.1002/dvg.23277

Kime C, Kiyonari H, Ohtsuka S, et al.
Induced 2C Expression and Implantation-Competent Blastocyst-like Cysts from Primed Pluripotent Stem Cells.
Stem cell reports 13(3), 485-498 (2019) doi: 10.1016/j.stemcr.2019.07.011

Nakao H, Harada T, Nakao K, et al.
A possible aid in targeted insertion of large DNA elements by CRISPR/Cas in mouse zygotes.
Genesis. 54(2), 65-77 (2016) doi: 10.1002/dvg.22914

Yoshida M, Kajikawa E, Kurokawa D, et al.
Conserved and divergent expression patterns of markers of axial development in eutherian mammals.
Developmental Dynamics 245(1), 67-86 (2016) doi: 10.1002/dvdy.24352

Katayama A, Nakatsuka A, Eguchi J, et al.
Beneficial impact of Gpnmb and its significance as a biomarker in nonalcoholic steatohepatitis.
Scientific Reports 5, 16920 (2015) doi: 10.1038/srep16920

Hara Y, Tatsumi K, Yoshida M, et al.
Optimizing and benchmarking de novo transcriptome sequencing: from library preparation to assembly evaluation.
BMC Genomics 16(1), 977 (2015) doi: 10.1186/s12864-015-2007-1

Popov LM, Marceau CD, Starkl PM, et al.
The adherens junctions control susceptibility to Staphylococcus aureus α-toxin.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 112(46), 14337-14342 (2015) doi: 10.1073/pnas.1510265112

Nakatsu Y, Iwashita M, Sakoda H, et al.
Prolyl isomerase Pin1 negatively regulates AMP-activated protein kinase (AMPK) by associating with the CBS domain in the γ subunit.
The Journal of Biological Chemistry 290(40), 24255-24266 (2015) doi: 10.1074/jbc.M115.658559

Hirate Y, Hirahara S, Inoue K.
Potential biomarkers of fatigue identified by plasma metabolome analysis in rats.
Development, Growth & Differentiation 57(8), 544-556 (2015) doi: 10.1111/dgd.12235

Imai Y, Kobayashi Y, Inoshita T, et al.
The Parkinson's Disease-Associated Protein Kinase LRRK2 Modulates Notch Signaling through the Endosomal Pathway.
PLOS Genetics 16(5), 517-532 (2015) doi: 10.1371/journal.pgen.1005503

Cui YL, Toyoda H, Sako T, et al.
A voxel-based analysis of brain activity in high-order trigeminal pathway in the rat induced by cortical spreading depression.
Neuroimage 108, 17-22 (2015) doi: 10.1016/j.neuroimage.2014.12.047

Lee MS, Hwang KS, Oh HW, et al.
IFT46 plays an essential role in cilia development.
Developmental Biology 400(2), 248-257 (2015) doi: 10.1016/j.ydbio.2015.02.009

メンバー

清成 寛

チームリーダー

阿部 高也

技師

井上 健一

専門技術員

繁田 麻葉

専門技術員

金子 麻里

テクニカルスタッフ

佐藤 美帆

テクニカルスタッフ

白石 亜紀

テクニカルスタッフ

徳永 友子

テクニカルスタッフ

德原 智子

テクニカルスタッフ

戸部 有紗

テクニカルスタッフ

中野 浩平

テクニカルスタッフ

野村 弥和子

テクニカルスタッフ

坂東 可菜

テクニカルスタッフ

東川 倫子

テクニカルスタッフ

山本 大輔

テクニカルスタッフ

吉見 理子

テクニカルスタッフ

綿世 恵美

テクニカルスタッフ

奥川 雅代

アシスタント

PAGE
TOP