ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

崔 翼龍チームリーダーの写真

チームリーダー
崔 翼龍 Ph.D.

生体機能動態イメージング研究チーム

拠点 神戸/MI R&Dセンタービル

E-mail cuiyl[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

生体内での分子の振る舞いを解く

生命は長年の進化を経て、生体機能に最適化した内部環境を獲得しており、生体内の機能分子は多階層性の複雑な内部環境の中で、周辺の微小環境と巧みに作用し合って、安定した内部環境を維持しています。 安定した内部環境からの逸脱は、生体機能分子の時・空間的なダイナミクスを乱し、個体の機能低下や疾患の発症を引き起こすと考えられます。我々は分子の振る舞いを生きた生体内で定量評価できるPETイメージングを基軸として、さらに神経生理学・機能解剖学・行動薬理学・遺伝子工学などの手法と組み合わせ、個体の機能低下や疾患に関わる機能分子の振る舞いを統合的に理解することを目指して研究を進めています。特に、疾患の前段階であり、発症を未然に防ぐことが可能な亜健康状態での機能分子の振る舞いやこころによる機能分子のダイナミックな変化を捉え、その神経生物学基盤の解明を目指しています。

研究テーマ

  • PETイメージングを基軸とした統合的な脳研究システムの構築および精神神経活動の神経生物学的基盤の解明
  • PETイメージングを活用した薬物動態研究
  • がん特異的なPETイメージング法の開発および新規診断・治療薬の評価

主要論文

Hu D, Li D, Shigeta M, et al.
Alleviation of the chronic stress response attributed to the antioxidant and anti-inflammatory effects of electrolyzed hydrogen water.
Biochemical and Biophysical Research Communications 535, 1-5 (2021) doi: 10.1016/j.bbrc.2020.12.035

Zeng Y, Hu D, Yang W, et al.
A voxel-based analysis of neurobiological mechanisms in placebo analgesia in rats.
NeuroImage 178, 602-612 (2018) doi: 10.1016/j.neuroimage.2018.06.009

Fujita S, Mizoguchi N, Aoki R, et al.
Cytoarchitecture-dependent decrease in propagation velocity of cortical spreading depression in the rat insular cortex revealed by optical imaging.
Cerebral Cortex 26(4), 1580-1589 (2016) doi: 10.1093/cercor/bhu336

Kanzaki A, Okauchi T, Hu D, et al.
Extension of recovery time from fatigue by repeated rest with short-term sleep during continuous fatigue load: Development of chronic fatigue model.
Journal of Neuroscience Research 94(5), 424-429 (2016) doi: 10.1002/jnr.23718

Cui YL, Toyoda H, Sako T, et al.
A voxel-based analysis of brain activity in high-order trigeminal pathway in the rat induced by cortical spreading depression.
NeuroImage 108, 17-22 (2015) doi: 10.1016/j.neuroimage.2014.12.047

Mukai H, Ozaki D, Cui Y, et al.
Quantitative evaluation of the improvement in the pharmacokinetics of a nucleic acid drug delivery system by dynamic PET imaging with F-18-incorporated oligodeoxynucleotides.
Journal of Controlled Release 180, 92-99 (2014) doi: 10.1016/j.jconrel.2014.02.014

Sako T, Hasegawa K, Nishimura M, et al.
Positron emission tomography study on pancreatic somatostatin receptors in normal and diabetic rats with 68Ga-DOTA-octreotide: a potential PET tracer for beta cell mass measurement.
Biochemical and biophysical research communications 442(1-2), 79-84 (2013) doi: 10.1016/j.bbrc.2013.11.001

Shingaki T, Takashima T, Ijuin R, et al.
Evaluation of Oatp and Mrp2 Activities in Hepatobiliary Excretion Using Newly Developed Positron Emission Tomography Tracer [C-11]Dehydropravastatin in Rats.
Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 347(1), 193-202 (2013) doi: 10.1124/jpet.113.206425

Takashima T, Nagata H, Nakae T, et al.
Positron emission tomography studies using (15R)-16-m-[11 C]tolyl-17,18,19,20-tetranorisocarbacyclin methyl ester for the evaluation of hepatobiliary transport.
Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 335(2), 314-323 (2010) doi: 10.1124/jpet.110.170092

Akazawa KH, Cui YL, Tanaka M, et al.
Mapping of regional brain activation in response to fatigue-load and recovery in rats with c-Fos immunohistochemistry.
Neuroscience Research 66(4), 372-379 (2010) doi: 10.1016/j.neures.2009.12.009

Cui YL, Takashima T, Takashima-Hirano M, et al.
11 C-PK11195 PET for the in vivo evaluation of neuroinflammation in the rat brain after cortical spreading depression.
Journal of Nuclear Medicine 50(11), 1904-1911 (2009) doi: 10.2967/jnumed.109.066498

Cui YL, Takamatsu H, Kakiuchi T, et al.
Neuroprotection by a central nervous system-type prostacyclin receptor ligand demonstrated in monkeys subjected to middle cerebral artery occlusion and reperfusion: a positron emission tomography study.
Stroke 37(11), 2830-2836 (2006) doi: 10.1161/01.STR.0000245088.60282.22

メンバー

崔 翼龍

チームリーダー

HU Di

研究員

根山 広行

研究員

WU YuPing

テクニカルスタッフⅠ

井上 美智子

テクニカルスタッフⅠ

重田 美香

テクニカルスタッフⅠ

越智 祐太

テクニカルスタッフⅠ

植田 尚子

アシスタント

PAGE
TOP