ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

理研BDR-ダイキン工業連携センター

連携センター長:渡辺 恭良 M.D., Ph.D.

理研とダイキン工業株式会社は2016 年10 月、理研産業連携本部内に「理研-ダイキン工業健康空間連携プログラム」を開設し、「快適で健康な空間」を主題に社会貢献につながる新たな価値の創出を目指して、イノベーションにつながる連携研究テーマの創出に取り組んでいます。理研BDR-ダイキン工業連携センターは、このプログラムの取り組みから創出されたテーマである「抗疲労空間の構築」を目指して設立されました。

日米の研究によると、ヒトは日々の生活のうちの約9 割を屋内で過ごすと言われています(※)。しかし、屋内の環境がヒトに与える影響というのは、さほど明らかになっていません。本連携センターでは「抗疲労」の観点から、ヒトと様々な環境パラメータとの関係を明らかにする「健康指標研究開発」と、多様な環境因子の抗疲労効果を明らかにして健康指標と環境空間を活用した抗疲労ソリューションを開発する「健康ソリューション研究開発」を通して、健康に資する抗疲労空間の実現を目指します。

Journal of Exposure Science and Environmental Epidemiology, 11, 231-252 (2001)
Journal of Architecture Planning, AIJ, No. 511, 45–52 (1998)

渡辺 連携センター長の写真

渡辺 恭良

連携センター長/健康ソリューションユニット

水野ユニットリーダーの写真

水野 敬

健康指標ユニット

PAGE
TOP