宮西研究室|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

宮西研究室

研究リーダー(上級研究員)

宮西 正憲M.D., Ph.D.

研究室主宰者の写真

  • 拠点:神戸/発生・再生研究棟
  • Mail:masanori.miyanishi[at]riken.jp[at]を@に変えてください

新たな造血幹細胞の可能性を発見し、次世代医療への応用を目指す

研究内容

造血幹細胞を用いた移植医療は、これまで数多くの難病患者の命を救ってきました。その臨床的効果より、血液中には生涯に渡りあらゆる血液細胞を作り続ける細胞(造血幹細胞)が存在するはずであると考えられています。その一方で、造血幹細胞の正体は驚くほど未解明のままです。その根源的な理由は、造血幹細胞と思われる細胞が極めて稀少であり(マウス骨髄有核細胞10万細胞に1細胞!)、造血幹細胞のみを抽出して、解析することが不可能であったことが挙げられます。私達の研究室では、独自に開発した造血幹細胞同定・解析手法を駆使し、この大きな難問にチャレンジしています。
また、国内外の研究機関・企業等と積極的な共同研究開発を行っており、造血幹細胞のみが有する非常に魅力的な細胞学的能力を限界まで開拓し、新たな医療の扉を切り開くことにもチャレンジしています。

CD34とCD150によるフローサイトメトリー

FACSを用いた長期造血幹細胞の分離

マウス骨髄内の血液細胞を捉えた蛍光顕微鏡写真

マウス骨髄内の様子(血管走行、血液細胞を可視化)

研究テーマ

  • 造血幹細胞特異的機能のメカニズム解明
  • 老化に伴う造血機能変化に関する基礎的研究
  • 新たな造血幹細胞移植法の開発
  • 新たな造血幹細胞活用法の開発
  • 外部機関との連携によるトランスレーショナル・リサーチ

主要論文

  • Tsai JM, Shoham M, Fernhoff NB, et.al.
    Neutrophil and monocyte kinetics play critical roles in mouse peritoneal adhesion formation.
    Blood Advances 3(18). 2713-2721 (2019) doi: 10.1182/bloodadvances.2018024026
  • Takagaki S, Yamashita R, Hashimoto N, et.al.
    Galactosyl carbohydrate residues on hematopoietic stem/progenitor cells are essential for homing and engraftment to the bone marrow.
    Scientific Reports 9(1). 7133 (2019) doi: 10.1038/s41598-019-43551-6
  • Szade K, Gulati GS, Chan CKF, et.al.
    Where Hematopoietic Stem Cells Live: The Bone Marrow Niche.
    Antioxidants & Redox Signaling 29(2). 191-204 (2018) doi: 10.1089/ars.2017.7419
  • Chen JY, Miyanishi M, Wang SK, et.al.
    Hoxb5 marks long-term haematopoietic stem cells and reveals a homogenous perivascular niche.
    Nature 530(7589). 223-227 (2016) doi: 10.1038/nature16943.
  • Tseng D, Volkmer JP, Willingham SB, et.al.
    Anti-CD47 antibody-mediated phagocytosis of cancer by macrophages primes an effective antitumor T-cell response.
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 110(27). 11103–11108 (2013) doi: 10.1073/pnas.1305569110
  • Miyanishi M, Mori Y, Seita J, Chen JY, et.al.
    Do pluripotent stem cells exist in adult mice as very small embryonic stem cells?
    Stem Cell Reports 1(2). 198–208 (2013) doi: 10.1016/j.stemcr.2013.07.001
  • Miyanishi M, Segawa K, Nagata S.
    Synergistic effect of Tim4 and MFG-E8 null mutations on the development of autoimmunity.
    International Immunology 24(9). 551-559 (2012) doi: 10.1093/intimm/dxs064
  • Miyanishi M, Tada K, Koike M, et.al.
    Identification of Tim4 as a phosphatidylserine receptor.
    Nature 450(7168). 435–439 (2007) doi: 10.1038/nature06307
  • Baba T, Kariya M, Higuchi T, et.al.
    Neuropilin-1 promotes unlimited growth of ovarian cancer by evading contact inhibition.
    Gynecologic Oncology 105(3). 703-711 (2007) doi: 10.1016/j.ygyno.2007.02.005
  • Miyanishi M, Mandai M, Matsumura N, et.al.
    Immortalized ovarian surface epithelial cells acquire tumorigenicity by Acrogranin gene overexpression.
    Oncology Reports 17(2). 329–333 (2007) doi: 10.3892/or.17.2.329