構造NMR技術研究ユニット|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

構造NMR技術研究ユニット

ユニットリーダー

山崎 俊夫Ph.D.

研究室主宰者の写真

  • 拠点:横浜/西NMR棟
  • E-mail:
    toshio.yamazaki[at]riken.jp[at]を@に変えてください

研究内容

核磁気共鳴(NMR)の実験法と装置を開発します。高温超電導体によって実現される超高磁場はNMRの高感度化と高分解能化をもたらします。超高磁場と周波数の上昇に対応して、装置を高度化します。磁場による利点はさらに可能性が広がっています。今までにない分子の構造と動きを検出するNMR技術開発を行います。測定対象を広げる新しいタイプの磁石や検出プローブの開発を行います。

研究テーマ

  • 核磁気共鳴
  • 光異性化
  • 高温超電導
  • タンパク質フォールディング

主要論文

  • Wu N, Kobayashi N, Tsuda K, et al.
    Solution structure of Gaussia Luciferase with five disulfide bonds and identification of a putative coelenterazine binding cavity by heteronuclear NMR.
    Scientific Reports 10:20069 (2020)
  • Ohyama T, Takahashi H, Sharma H, et al.
    An NMR-based approach reveals the core structure of the functional domain of SINEUP lncRNAs.
    Nucleic Acids Research 48, 9346–9360 (2020)
  • Guzmán-Afonso C, Hong YL, Colaux H, et al.
    Understanding hydrogen-bonding structures of molecular crystals via electron and NMR nanocrystallography.
    Nature Communications 10(1):3537 (2019)
  • Nagashima T, Ueda K, Nishimura C, Yamazaki T.
    Structure-Correlation NMR Spectroscopy for Macromolecules Using Repeated Bidirectional Photoisomerization of Azobenzene.
    Analytical Chemistry 87, 11544-52 (2015)
  • Hashi K, et al.
    Achievement of 1020 MHz NMR.
    Journal of Magnetic Resonance 256, 30-33 (2015)