高次構造形成研究チーム|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

高次構造形成研究チーム

チームリーダー

竹市 雅俊Ph.D.

動物細胞が集まって組織をつくる仕組みを明らかにする

研究内容

複雑な多細胞組織の形成機構について、細胞の接着・運動・極性形成、神経組織形成などの問題に焦点を当て、メカニズムを研究しています。とくに、カドヘリン接着分子群、微小管制御因子CAMSAP(Nezha)の役割に注目しています。そして、これらの研究の成果が、がんの浸潤・転移等の医学的問題の解決に役立つことを期待しています。

ノコダゾール処理して接着誘導された大腸癌由来HT29細胞。ミオシンIIA(緑)が縞状の収縮構造を作りEカドヘリン(マゼンタ)による細胞間接着構造を支える。

小腸上皮細胞における微小管(緑)とCAMSAP3(赤)の分布(左)。CAMSAP3が細胞の頂端部に分布し微小管負端と結合することにより、細胞の縦軸に添って微小管を配向させる。CAMSAP3をノックアウトすると上皮特有の微小管配列が崩壊する(右)。

単離された腸神経冠細胞におけるE-カテニンとF-アクチンの2重染色。遊走中の細胞では、E-カテニンが葉状仮足から核の周縁部に移動し、アクトミオシンの編成を制御する。

研究テーマ

  • カドヘリン、カテニンによる細胞接着の制御機構
  • がん細胞における接着異常機構
  • 微小管制御因子CAMSAPによる上皮および神経組織の形態形成制御

主要論文

  • Pongrakhananon V, Saito H, Hiver S, et.al.
    CAMSAP3 maintains neuronal polarity through regulation of microtubule stability.
    Proceedings of the National Academy of Sciences 115(39). 9750-9755 (2018) doi: 10.1073/pnas.1803875115
  • Ito S, Okuda S, Abe M, et al.
    Induced cortical tension restores functional junctions in adhesion-defective carcinoma cells.
    Nature Communications 8. 1834 (2017) doi :10.1038/s41467-017-01945-y
  • Vassilev V, Platek A, Hiver S, et al.
    Catenins Steer Cell Migration via Stabilization of Front-Rear Polarity.
    Developmental Cell 43. 463–479 (2017) doi:10.1016/j.devcel.2017.10.014
  • Nishimura T, Ito S, Saito H, et al.
    DAAM1 stabilizes epithelial junctions by restraining WAVE complex-dependent lateral membrane motility.
    Journal of Cell Biology 215. 559–573 (2016) doi:10.1083/jcb.201603107
  • Toya M, Kobayashi S, Kawasaki M, et al.
    CAMSAP3 orients the apical-to-basal polarity of microtubule arrays in epithelial cells.
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United Sciences of America 113. 332–337 (2016) doi:10.1073/pnas.1520638113
  • Tsukasaki Y, Miyazaki N, Matsumoto A, et al.
    Giant cadherins Fat and Dachsous self-bend to organize properly spaced intercellular junctions.
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 111. 1601–6 (2014) doi: 10.1073/pnas.1418990111
  • Hayashi S, Inoue Y, Kiyonari H, et al.
    Protocadherin-17 mediates collective axon extension by recruiting actin regulator complexes to interaxonal contacts.
    Developmental Cell 30. 673–687 (2014) doi:10.1016/j.devcel.2014.07.015

研究者 Q & A

Q研究の最大の魅力は何ですか?

新しい発見に興奮すること。

Q研究をする上での方針や哲学、座右の銘は何ですか?

自分の目で確かめること。

Q研究者を目指す人たちに一言

好奇心が旺盛でないと研究者は務まりません。

ニュース