創薬タンパク質解析基盤ユニット|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

創薬タンパク質解析基盤ユニット

基盤ユニットリーダー

白水 美香子Ph.D.

  • 拠点:横浜
  • E-mail:
    mikako.shirouzu[at]riken.jp[at]を@に変えてください

DMP研究推進のために、タンパク質試料調製、候補化合物効力検定、複合体構造解析を担当します。

研究内容

理研創薬医療技術基盤プログラム(DMP)では、新規な医薬品候補化合物と、医薬品開発や新規な治療法開発のための新規技術の開発を進めています。その活動の一環として私たちのユニットでは、タンパク質試料の調製、in vitroおよび細胞レベルでの候補化合物の効力検定、それらの複合体構造の解析を担当し、抗体医薬品候補や低分子化合物の最適化に貢献しています。タンパク質科学と細胞生物学の専門研究者としての私たちの活動は、DMPが推進している論理的薬剤開発に大きく貢献しています。

合理的薬剤開発における研究の流れ

研究テーマ

  • 免疫活性を利用したテーマのための抗原タンパク質調製
  • 標的タンパク質阻害活性測定や複合体構造解析のための標的タンパク質の調製
  • 候補化合物最適化のための酵素活性測定
  • 候補化合物最適化のためのセルベース活性測定
  • 論理的薬剤設計のための複合体構造解析

主要論文

  • Koda Y, Kikuzato K, Mikuni J, et al.
    Identification of pyrrolo[2,3-d]pyrimidines as potent HCK and FLT3-ITD dual inhibitors.
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 27(22). 4944-4998 (2017) doi:10.1016/j.bmcl.2017.10.012
  • Shoji S, Hanada K, Ohsawa N, Shirouzu M.
    Central catalytic domain of BRAP (RNF52) recognizes the types of ubiquitin chains and utilizes oligo-ubiquitin for ubiquitylation.
    Biochemical Journal 474(18). 3207-3226 (2017) doi:10.1042/BCJ20161104
  • Yuki H, Kikuzato K, Mikuni J, et al.
    Activity cliff for 7-substituted pyrrolo-pyrimidine inhibitors of HCK explained in terms of predicted basicity of the amine nitrogen.
    Bioorganic & Medicinal Chemistry 25(16). 4259-4264 (2017) doi:10.1016/j.bmc.2017.05.053
  • Amano Y, Kikuchi M, Sato S, et al.
    Development and crystallographic evaluation of histone H3 peptide with N-terminal serine substitution as a potent inhibitor of lysine-specific demethylase 1.
    Bioorganic & Medicinal Chemistry 25(9). 2617-2624 (2017) doi:10.1016/j.bmc.2017.03.016.
  • Tanaka A, Saito Y and Ishikawa F
    Drug discovery targeting AML stem cells
    Jikken Igaku 32(2). 179-183 (2014)
  • Takemoto Y, Ito A, Niwa H, et al.
    Identification of Cyproheptadine as an Inhibitor of SET Domain Containing Lysine Methyltransferase 7/9 (Set7/9) That Regulates Estrogen-Dependent Transcription.
    Journal of Medicinal Chemistry59(8). 3650-3660 (2016) doi:10.1021/acs.jmedchem.5b01732