成長シグナル研究チーム|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

成長シグナル研究チーム

チームリーダー

西村 隆史Ph.D.

外部環境に合わせて適切な生物個体の大きさを調節する仕組み探る

研究内容

多くの多細胞生物は、発育成長過程において器官や体の大きさが遺伝学的に決められています。その一方で、細胞の増殖や組織の形成は、温度や栄養源という外部環境により影響を受けます。各組織の大きさは何らかのメカニズムで認識され、組織自身の増殖が制御され、また成長過程における成熟タイミングとして個体に反映されます。当研究チームでは、ショウジョウバエおよび哺乳類培養細胞を用いて、栄養源認識システムと細胞間シグナルの実体について、統合的な理解を目指しています。

野生型ハエ(右)と成長異常を示すインスリン受容体の変異体(左)

ショウジョウバエ幼虫の中枢脳(インスリン産生細胞(赤)、PCNA発現増殖細胞(緑))

インスリン産生細胞(緑)とインスリン様ペプチドの発現を制御する転写因子Dac(赤)す

研究テーマ

  • 成長過程における個体サイズの調節機構
  • 発育成長タイミングの制御機構
  • 栄養源認識の分子機構

主要論文

  • Yasugi T, Yamada T, and Nishimura T.
    Adaptation to dietary conditions by trehalose metabolism in Drosophila. br /> Scientific Reports 7. 1619 (2017) doi :10.1038/s41598-017-01754-9
  • Yoshida M, Matsuda H, Kubo H, and Nishimura T.
    Molecular characterization of Tps1 and Treh genes in Drosophila and their role in body water homeostasis.
    Scientific Reports 6. 30582 (2016) doi:10.1038/srep30582
  • Okamoto N and Nishimura T.
    Signaling from glia and cholinergic neurons controls nutrient-dependent production of an insulin-like peptide for Drosophila body growth.
    Developmental Cell 35. 295–310 (2015) doi:10.1016/j.devcel.2015.10.003
  • Matsuda H, Yamada T, Yoshida M, and Nishimura T.
    Flies without trehalose.
    Journal of Biological Chemistry 290. 1244–1255 (2015) doi:10.1074/jbc.M114.619411
  • Okamoto N, Nakamori R, Murai T, et al.
    A secreted decoy of InR antagonizes insulin/IGF signaling to restrict body growth in Drosophila.
    Genes & Development 27. 87–97 (2013) doi:10.1101/gad.204479.112
  • Okamoto N, Nishimori Y, and Nishimura T.
    Conserved role for the Dachshund protein with Drosophila Pax6 homolog Eyeless in insulin expression.
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109. 2406–2411 (2012) doi:10.1073/pnas.1116050109

研究者 Q & A

Q研究を通して究極的に何を知りたいですか?

生物の一生を知る。

Q研究をする上での方針や哲学、座右の銘は何ですか?

自分の研究結果を信じること、そして全てを疑うこと。

Q研究者を目指す人たちに一言

実験を好きになって結果を出す喜びを知って下さい。