形態進化研究チーム|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

形態進化研究チーム

チームリーダー

倉谷 滋Ph.D.

動物の形態進化機構を解明する

研究内容

進化は発生プログラムの変化や、それをもたらしたゲノムの変化の系列と見ることができ、動物種間での発生プロセス、遺伝子発現や胚形態パターンの比較や、それらを通じて認識された差異を再現する機能解析実験を通じて、形態変化の背景となる機構を明らかにし、化石資料や動物系統分類学の知見、さらにはゲノムの変異をも視野においた、統合的な進化のシナリオを構築し、進化の中で新しく獲得された特徴が、どのようにして発生させることが可能であったのかを理解することが、私たちの研究グループの目指す究極的な研究のゴールです。このような目的にあって、我々は主として、脊椎動物のうちでもっとも初期に分岐し、原始的な体制を維持すると思われている円口類、羊膜類の中にあって特異なボディプランを獲得したカメ類、さらには、脊椎動物の成立以前の発生プログラムを今でも保持すると思われているナメクジウオを扱い、顎や甲羅という新規形質の出現した機構や進化的経緯を探っています。

研究テーマ

  • 頭部
  • 筋骨格系
  • 神経系
  • 脊椎動物
  • 円口類

主要論文

  • Higuchi S, Sugahara S, Pascual-Anaya J, et.al.
    Inner ear development in cyclostomes and evolution of the vertebrate semicircular canals.
    Nature (2018) doi: 10.1038/s41586-018-0782-y
  • Pascual-Anaya J, Sato I, Sugahara F,et.al.
    Hagfish and lamprey Hox genes reveal conservation of temporal colinearity in vertebrates.
    Nature Ecology & Evolution 2(5). 859-866 (2018) doi: 10.1038/s41559-018-0526-2
  • Sugahara F, Pascual-Anaya J, Oisi Y, et al.
    Evidence from cyclostomes for complex regionalization of the ancestral vertebrate brain.
    Nature 531. 97-100 (2016) doi: 10.1038/nature16518
  • Kitazawa T, Takechi M, Hirasawa T, et al.
    Developmental genetic bases behind the independent origin of the tympanic membrane in mammals and diapsids.
    Nature Communications 6. 6853 (2015) doi: 10.1038/ncomms7853
  • Wang Z, Pascual-Anaya J, Zadissa A, et al.
    Development and evolution of turtle-specific body plan assessed by genome-wide analyses.
    Nature Genetics 45. 701-706 (2013) doi: 10.1038/ng.2615
  • Hirasawa T, Nagashima H, Kuratani S.
    The endoskeletal origin of the turtle carapace.
    Nature Communications 4. 2107 (2013) doi: 10.1038/ncomms3107
  • Oisi Y, Ota KG, Kuraku S, et al.
    Craniofacial development of hagfishes and the evolution of vertebrates.
    Nature 493. 175-180 (2013) doi: 10.1038/nature11794
  • Ota KG, Fujimoto S, Oisi Y, Kuratani S.
    Identification of vertebra-like elements and their possible differentiation from sclerotomes in the hagfish.
    Nature Communications 2. 373 (2011) doi: 10.1038/ncomms1355
  • Irie N, Kuratani S.
    Comparative transcriptome analysis detects vertebrate phylotypic stage during organogenesis.
    Nature Communications 2. 248 (2011) doi: 10.1038/ncomms1248
  • Nagashima H, Sugahara F, Takechi M, et al.
    Evolution of the turtle body plan by the folding and creation of new muscle connections.
    Science 325. 193-196 (2009) doi: 10.1126/science.1173826
  • Ota KG, Kuraku, S, Kuratani S.
    Hagfish embryology with reference to the evolution of the neural crest.
    Nature 446. 672-675 (2007) doi: 10.1038/nature05633

業績一覧

メンバー

倉谷 滋チームリーダー shigeru.kuratani[at]riken.jp
日下部 りえ研究員
上坂 将弘研究員
平沢 達矢研究員
PASCUAL ANAYA Juan研究員
香曽我部 隆裕研究員
田中 真子テクニカルスタッフ
平井 珠美テクニカルスタッフ
佐藤 伊織テクニカルスタッフ
菅原 文昭客員研究員
入江 直樹客員研究員
堀坂 恵美研修生
黒田 春也研究パートタイマーⅡ

*:兼務/ [at]を@に変えてください

研究者 Q & A

Q.研究の道を選んだきっかけは何ですか?

昆虫採集

Q.研究を通して究極的に何を知りたいですか?

進化の謎

Q.研究の最大の魅力は何ですか?

意外性の発見

Q.研究室の特徴を一言であらわすと?

異能の集団

Q.研究者を目指す人たちに一言

古典と語学は若いうちにマスターすること

ニュース