細胞機能評価研究チーム|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

細胞機能評価研究チーム

チームリーダー

片岡 洋祐M.D., Ph.D.

  • 拠点:神戸/MI R&Dセンタービル
  • E-mail:kataokay[at]riken.jp[at]を@に変えてください

生体内の個々の細胞のふるまいと個体システムとしての機能をイメージング技術で繋げる

研究内容

がんや認知症など多くの病は、身体の中の細胞や組織が正常な機能を失ってしまうことで生じます。その背景には、加齢や疲労による組織炎症、組織修復能の低下などが関与するものと考えられています。

私たちは、PET、MRI、蛍光・発光イメージング・顕微内視鏡・電子顕微鏡などを用いて個体レベルから細胞レベルまでを繋げたマルチモダルイメージングを実現しています。特に、中枢神経組織をはじめ、全身に分布する幹細胞・前駆細胞を可視化し、加齢による変化などを解析しています。また、老化や疲労・がん・中枢神経疾患などにおける組織・細胞のイメージング情報をビッグデータ化し、他のオミックス解析と組み合わせて統合的に解析することで、さまざまな病態における臓器・組織・細胞どうしの機能連関を明らかにしたいと思っています。さらに、生体内の幹細胞・前駆細胞機能や免疫制御機能、組織修復・再生機能を制御するための光やプラズマを用いた新しい医療技術の開発にも挑戦しています。

個体レベルから細胞レベルまでを繋げた幹細胞・前駆細胞のマルチモダルイメージング

電子顕微鏡と形態学ビッグデータ解析を含めた新しいマルチモダルイメージング技術

電子顕微鏡画像ビッグデータを含めたマルチオミックス解析研究

研究テーマ

  • 生体内幹・前駆細胞のマルチモダルイメージングと機能解析
  • イメージングとオミックス解析による老化および疲労の病態生理学的研究
  • 新しい生体機能解析・制御技術の開発

主要論文

  • Tamura Y, Takata K, Eguchi A, Kataoka Y.
    In vivo monitoring of hair cycle stages via bioluminescence imaging of hair follicle NG2 cells.
    Scientific Reports 8. 393 (2018) doi: 10.1038/s41598-017-18763-3
  • Kume S, Nishimura Y, Mizuno K, et al.
    Music Improves Subjective Feelings Leading to Cardiac Autonomic Nervous Modulation: A Pilot Study.
    Frontiers in Neuroscience 11. 108 (2017) doi: 10.3389/fnins.2017.00108
  • Nakano M, Tamura Y, Yamato M, et al.
    NG2 glial cells regulate neuroimmunological responses to maintain neuronal function and survival.
    Scientific Reports 7. 42041 (2017) doi: 10.1038/srep42041
  • Yamano E, Sugimoto M, Hirayama A, et al.
    Index markers of chronic fatigue syndrome with dysfunction of TCA and urea cycles.
    Scientific Reports 6. 34990 (2016) doi: 10.1038/srep34990
  • Tamura Y, Takahashi K, Takata K, et al.
    Noninvasive Evaluation of Cellular Proliferative Activity in Brain Neurogenic Regions in Rats under Depression and Treatment by Enhanced [18F] FLT-PET Imaging.
    Journal of Neuroscience 36(31). 8123-8131 (2016) doi: 10.1523/JNEUROSCI.0220-16.2016
  • Iwawaki T, Akai R, Oikawa D, et al.
    Transgenic mouse model for imaging of interleukin-1β-related inflammation in vivo.
    Scientific Reports 5. 17205 (2015) doi: 10.1038/srep17205
  • Kume S., Yamato M., Tamura Y, et al.
    Potential biomarkers of fatigue identified by plasma metabolome analysis in rats.
    PLOS ONE 10(3). e0120106 (2015) doi: 10.1371/journal.pone.0120106
  • Cui YL, Toyoda H, Sako T, et al.
    A voxel-based analysis of brain activity in high-order trigeminal pathway in the rat induced by cortical spreading depression.
    Neuroimage 108. 17-22 (2015) doi: 10.1016/j.neuroimage.2014.12.047
  • Nakatomi Y, Mizuno K, Ishii A, et al.
    Neuroinflammation in patients with chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: an 11C-(R)-PK11195 PET study.
    Journal of Nuclear Medicine 55(6). 945-950 (2014) doi: 10.2967/jnumed.113.131045
  • Yamato, M., Tamura, Y., Eguchi, A., Watanabe, Y., and Kataoka, Y.
    Brain interleukin-1beta and the intrinsic receptor antagonist control peripheral toll-like receptor 3-mediated suppression of spontaneous activity in rats.
    PLOS ONE 9. e90950 (2014) doi: 10.1371/journal.pone.0090950

メンバー

片岡 洋祐チームリーダー kataokay[at]riken.jp
田村 泰久副チームリーダー tamuray[at]riken.jp
大和 正典研究員 yamatomasa[at]riken.jp
久米 慧嗣研究員 satoshi.kume[at]riken.jp
高田 孔美テクニカルスタッフI
江口 麻美テクニカルスタッフI
團野 紗莉テクニカルスタッフI
陳 桂花研究パートタイマーI
後藤 俊志研究パートタイマーII
真柴 里歩研究パートタイマーII
青山 星海事務パートタイマーII
綿引 優花事務パートタイマーII
川勝 薫平事務パートタイマーII
船曳 和雄客員主管研究員
岡本 麻也子アシスタント mayako.okamoto[at]riken.jp

*:兼務/ [at]を@に変えてください