翻訳構造解析研究チーム|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

翻訳構造解析研究チーム

チームリーダー

伊藤 拓宏Ph.D.

  • 拠点:横浜
  • E-mail:takuhiro.ito[at]riken.jp[at]を@に変えてください

翻訳の制御機構を明らかにする

研究内容

タンパク質の翻訳は、全ての細胞が持つ最も基本的な機能の一つです。当研究室では、翻訳に関わる分子群の立体構造解析を、主にX線結晶構造解析法とクライオ電子顕微鏡による単粒子解析法を用いて行います。特に複数の真核生物由来の翻訳関連因子やリボソームにより構成される巨大複合体の立体構造解析に重点を置き、複雑な真核生物の翻訳機構の解明を目指します。決定した翻訳関連因子の立体構造を出発点としてそれらに結合する機能性小分子を探索し、タンパク質合成の制御を基とする汎用性の高い薬剤の可能性を探ります。

分裂酵母由来の翻訳開始因子eIF2B の結晶構造

ヒト由来の翻訳開始因子eIF2とeIF2Bのクライオ電子顕微鏡構造

研究テーマ

  • 真核生物の翻訳機構に関する構造生物学
  • 生体高分子複合体の結晶化・電子顕微鏡解析に適した試料調製法の開発

主要論文

  • Yokoyama T, Machida K, Iwasaki W, et al.
    HCV IRES Captures an Actively Translating 80S Ribosome.
    Molecular cell 74. 1205-1214 (2019) doi: 10.1016/j.molcel.2019.04.022
  • Kashiwagi K, Yokoyama T, Nishimoto M, et al.
    Structural basis for eIF2B inhibition in integrated stress response.
    Science 364(6439). 495-499 (2019) doi: 10.1126/science.aaw4104
  • Iwasaki S, Iwasaki W, Takahashi M, et.al.
    The translation inhibitor Rocaglamide targets a bimolecular cavity between eIF4A and polypurine RNA.
    Molecular Cell 73(4). 738-748.e9 (2019) doi: 10.1016/j.molcel.2018.11.026
  • Kashiwagi K, Takahashi M, Nishimoto M, et al.
    Crystal structure of eukaryotic translation initiation factor 2B.
    Nature 531. 122-125 (2016) doi: 10.1038/nature16991
  • Kashiwagi K, Shigeta T, Imataka H, Ito T, Yokoyama S
    Expression, purification, and crystallization of Schizosaccharomyces pombe eIF2B.
    Journal of Structural and Functional Genomics 17(1). 33-38 (2016) doi: 10.1007/s10969-016-9203-3
  • Ito T., Masuda I., Yoshida K., et al.
    Structural Basis for methyl-donor-dependent and sequence-specific binding to tRNA substrates by knotted methyltransferase TrmD
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 112. E4197-E4205 (2015) doi: 10.1073/pnas.1422981112
  • Kuwasako K, Takahashi M, Unzai S, et al.
    RBFOX and SUP-12 sandwich a G base to cooperatively regulate tissue-specific splicing"
    Nature structural & molecular biology 21. 778-86 (2014) doi: 10.1038/nsmb.2870
  • Kashiwagi K, Ito T, Yokoyama S.
    Crystal structure of the eukaryotic translation initiation factor 2A from Schizosaccharomyces pombe.
    Journal of Structural and Functional Genomics 15. 125-130 (2014) doi: 10.1007/s10969-014-9177-y
  • Ito T, Yokoyama S.
    Two enzymes bound to one transfer RNA assume alternative conformations for consecutive reactions
    Nature 467. 612-616 (2010) doi: 10.1038/nature09411
  • Goto-Ito S, Ito T, Kuratani M, et al.
    Tertiary structure checkpoint at anticodon loop modification in tRNA functional maturation.
    Nature structural & molecular biology 16. 1109-1115 (2009) doi: 10.1038/nsmb.1653

業績一覧

メンバー

伊藤 拓宏チームリーダー takuhiro.ito[at]riken.jp CV
岩崎 わかな専任研究員 wiwasaki[at]riken.jp
柏木 一宏研究員 kazuhiro.kashiwagi[at]riken.jp
西本 まどか技師
髙橋 真梨技師
坂本 恵香技師

*:兼務/ [at]を@に変えてください

研究者 Q & A

Q研究の道を選んだきっかけは何ですか?

父が大学の教員だったので、何となくってところはある。

Q研究を通して究極的に何を知りたいですか?

原子・電子レベルでヒトを理解したい。私が生きている間にっていうのは、難しいと思いますが。

Q研究の最大の魅力は何ですか?

自分で問題を設定して解決していくところ。

Q研究をする上での方針や哲学、座右の銘は何ですか?

楽天的

ニュース