大学院生が理研BDRで研究するには?|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

大学院生が理研BDRで研究するには?

生命機能科学研究センターでは、熱意ある大学院生を積極的に受け入れ、生命科学分野に関する研究を担う次世代の人材を育てることに取り組んでいます。

当研究センターの研究室のリーダーは、全国の大学院研究科の客員教員等を務めています。

教員一覧

大学院の受験、研究内容等についてのお問い合わせは、各研究科の客員教員等にご連絡下さい。
各大学院のカリキュラムや入試情報については各研究科のホームページ等でご覧いただけます。

大阪大学大学院 医学系研究科
発生・再生医学 木村 航 心臓再生研究チーム
藤原 裕展 細胞外環境研究チーム
松崎 文雄 非対称細胞分裂研究チーム
大阪大学大学院 生命機能研究科
生命動態システム科学 岡田 康志 細胞極性統御研究チーム
泰地 真弘人 計算分子設計研究チーム
発生生物学 濱田 博司 個体パターニング研究チーム
Wang Yu-Chiun 上皮形態形成研究チーム
  岩根 敦子 細胞場構造研究ユニット
大浪 修一 発生動態研究チーム
木川 隆則 細胞構造生物学研究チーム
柴田 達夫 フィジカルバイオロジー研究ユニット
清水 義宏 無細胞タンパク質合成研究ユニット
城口 克之 細胞システム動態予測研究ユニット
神 隆 ナノバイオプローブ研究チーム
杉田 有治 分子機能シミュレーション研究チーム
隅山 健太 高速ゲノム変異マウス作製支援ユニット
高橋 恒一 バイオコンピューティング研究チーム
田中 陽 集積バイオデバイス研究ユニット
谷口 雄一 細胞システム制御学研究ユニット
古澤 力 多階層生命動態研究チーム
森下 喜弘 発生幾何研究チーム
渡邉 朋信 先端バイオイメージング研究チーム
大阪大学大学院 理学研究科
生物分子情報研究室 猪股 秀彦 体軸動態研究チーム
北島 智也 染色体分配研究チーム
関西学院大学大学院 理工学研究科
  工樂 樹洋 分子配列比較解析ユニット
Sa Kan Yoo 動的恒常性研究チーム
辻 孝 器官誘導研究チーム
平谷 伊智朗 発生エピジェネティクス研究チーム
藤原 裕展 細胞外環境研究チーム
岐阜大学大学院 連合創薬医療情報研究科
  片岡 洋祐 細胞機能評価研究チーム
土居 久志 標識化学研究チーム
京都大学大学院 医学研究科
再生応用生物学 髙橋 政代 網膜再生医療研究開発プロジェクト
森本 充 呼吸器形成研究チーム
京都大学大学院 生命科学研究科
高次生命科学専攻 分子病態学 北島 智也 染色体分配研究チーム
高里 実 ヒト器官形成研究チーム
松崎 文雄 非対称細胞分裂研究チーム
慶應義塾大学大学院 医学研究科
  入來 篤史 象徴概念発達研究チーム
神戸大学大学院 医学研究科
生理学・細胞生物学講座 発生・再生医学分野 Sa Kan Yoo 動的恒常性研究チーム
辻 孝 器官誘導研究チーム
平谷 伊智朗 発生エピジェネティクス研究チーム
宮道 和成 比較コネクトミクス研究チーム
神戸大学大学院 システム情報学研究科
大規模計算科学 大浪 修一 発生動態研究チーム
神戸大学大学院 理学研究科
生物学専攻・連携講座 発生生物学 工樂 樹洋 分子配列比較解析ユニット
倉谷 滋 形態進化研究チーム
林 茂生 形態形成シグナル研究チーム
森本 充 呼吸器形成研究チーム
東京大学大学院 新領域創成科学研究科
システム情報生物学分野

Zhang Kam

構造バイオインフォマティクス研究チーム
  泰地 真弘人 計算分子設計研究チーム
東京工業大学 情報理工学院 情報工学系
  木川 隆則 細胞構造生物学研究チーム
本間 光貴 制御分子設計研究チーム
徳島大学大学院 医歯薬学研究部
  土居 久志 標識化学研究チーム
渡辺 恭良 健康・病態科学研究チーム
奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 バイオサイエンス領域
細胞成長学 西村 隆史 成長シグナル研究チーム
兵庫県立大学大学院 生命理学研究科
細胞機能解析学部門 発生・再生学 清成 寛 生体モデル開発ユニット
林 茂生 形態形成シグナル研究チーム
藤原 裕展 細胞外環境研究チーム
広島大学大学院 理学研究科
  柴田 達夫 フィジカルバイオロジー研究チーム
立命館大学大学院 生命科学研究科
  大浪 修一 発生動態研究チーム
城口 克之 細胞システム動態予測研究ユニット
渡邉 朋信 先端バイオイメージング研究チーム

理研での大学院生活

修士課程および博士課程の間、当研究センターの理想的な研究環境の中で充実した学生生活を送ることができます。

インターナショナルな環境

当研究センターは英語を公用語とし、全ての公式セミナー、シンポジウムが英語で行われています。英語によるプレゼンテーションのトレーニングコース等もあり、英語が自然に身に付く環境です。

研究室を超えた交流

合同のセミナーやジャーナルクラブなど、研究室の垣根を超えた交流が盛んです。

大学院生へのサポート

大学院博士(後期)課程の学生を対象にした「大学院生リサーチアソシエイト制度」をはじめとして、理研には大学院生に対して様々な形で経済的なサポートを行う制度があります。 連携大学院に参加する学生はこれらの制度を利用することができます。

先輩からのメッセージ

自分のすぐ隣で、優秀な先輩研究者達が日々実験に明け暮れ、その最先端の成果を興味深い論文として発表していく。学生にとって、 これ以上ない贅沢な環境です。
当然、学生はそんな先輩達に追いつこうと背伸びをするようになる。そうして高みを目指して頑張っていると、先輩達は、今度は、高みに届くための助言を惜しみなく与えてくれるのです。
また、学生と各研究分野を 代表する先生方との距離の近さは、驚きに値するほどです。所属ラボの先生はもちろん、他研究室の先生方も親身なアドバイスをしてくださいます。
研究内容だけでなく、ときには人生についても。
このように、大学に比べると様々な面で贅沢すぎるのかもしれません。
しかし、その恵まれた環境に甘んじず、自ら食らい付いていく気概を持つ学生にとって、CDB(*)は尊敬できるメンターに出会える、最高の研究環境だと思います。

(石田真由美さん・関西学院大学大学院(当時))
 *:現・生命機能科学研究センター(BDR)

連携大学院説明会

大学院進学希望者を対象に、連携大学院制度(修士課程、博士課程)についての説明会を開催しています。

2019年

理研 神戸キャンパス 生命機能科学 連携大学院 説明会 2019
日時:2019年4月13日(土)
URL:https://www2.bdr.riken.jp/daigakuin/2019/

連携大学院集中レクチャー

主に連携大学院の学生を対象に、発生・再生、幹細胞研究の最前線を紹介する2日間の集中レクチャーを開催しています。
多数のレクチャーと研究室訪問を併せた充実のプログラムです。連携大学院の大学院生を対象としていますが、その他の希望者も参加可能です。

2019年

理研 連携大学院 集中レクチャープログラム 2019
日程:2019年7月31日(水)・8月1日(木)
URL: http://www2.bdr.riken.jp/renkei/2019/

  • 過去の集中レクチャープログラム
タイトル 理研 連携大学院 集中レクチャープログラム 2018
日程 2018年8月1日(水)・2日(木)
URL http://www2.bdr.riken.jp/renkei/2018/