ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

働く・学ぶ

働く・学ぶ

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

米村 重信チームリーダーの写真

チームリーダー
米村 重信 Ph.D.

超微形態研究チーム

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mail shigenobu.yonemura[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

生命の原理解明から応用研究に必要な細胞、組織の超微形態情報を電子顕微鏡法を駆使して取得、解析します

当研究室は透過型電子顕微鏡並びに走査型電子顕微鏡を用いた微細形態解析技術を駆使してさまざまなライフサイエンス研究分野において精緻な形態情報を獲得し、解析します。和光、横浜、筑波、神戸など理研内のさまざまな研究室、さらには理研外の大学などとの多くの共同研究の実績をもっています。幅広い動物種、器官とさまざまな発生ステージを扱い、試料作成の工夫をしてきた豊富な経験を蓄積しています。

研究テーマ

  • 電子顕微鏡を用いた組織、細胞の形態学的解析
  • 電子顕微鏡技術の改善、開発

主要論文

Fukuda K, Shimi T, Shimura C, et al.
Epigenetic plasticity safeguards heterochromatin configuration in mammals.
Nucleic Acids Research (2023) doi: 10.1093/nar/gkad387

Onai T, Aramaki T, Takai A, et al.
Cranial cartilages: Players in the evolution of the cranium during evolution of the chordates in general and of the vertebrates in particular.
Evolution & Development 25(3), 197-208 (2023) doi: 10.1111/ede.12433

Tentaku A, Kurisu S, Sejima K, et al.
Proximal deposition of collagen IV by fibroblasts contributes to basement membrane formation by colon epithelial cells in vitro.
FEBS Journal 289(23), 7466-7485 (2022) doi: 10.1111/febs.16559

Nishimura R, Kato K, Saida M, et al.
Appropriate tension sensitivity of α-catenin ensures rounding morphogenesis of epithelial spheroids.
Cell Structure and Function 47(2), 55-73 (2022) doi: 10.1247/csf.22014

Saito H, Matsukawa-Usami F, Fujimori T, et al.
Tracheal motile cilia in mice require CAMSAP3 for the formation of central microtubule pair and coordinated beating.
Molecular Biology of the Cell 32(20), ar12 (2021) doi: 10.1091/mbc.E21-06-0303

Yonemura S.
Actin filament association at adherens junctions.
The journal of medical investigation : JMI 64(1.2), 14-19 (2017) doi: 10.2152/jmi.64.14

Tsujioka M, Yumura S, Inouye K, et al.
Talin couples the actomyosin cortex to the plasma membrane during rear retraction and cytokinesis.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109(32), 12992-12997 (2012) doi: 10.1073/pnas.1208296109

Yonemura S.
A mechanism of mechanotransduction at the cell-cell interface: emergence of α-catenin as the center of a force-balancing mechanism for morphogenesis in multicellular organisms.
Bioessays 33(10), 732-736 (2011) doi: 10.1002/bies.201100064

Yonemura S.
Cadherin-actin interactions at adherens junctions.
Current Opinion in Cell Biology 23(5), 525-522 (2011) doi: 10.1016/j.ceb.2011.07.001

Yonemura S, Wada Y, Watanabe T, et al.
alpha-Catenin as a tension transducer that induces adherens junction development.
Nature Cell Biology 12(6), 533-542 (2010) doi: 10.1038/ncb2055

メンバー

米村 重信

チームリーダー

林 茂生

副チームリーダー

尾上 健太

テクニカルスタッフⅠ

岡山 聡子

テクニカルスタッフⅠ

PAGE
TOP