ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

柳澤吉紀ユニットリーダーの写真

ユニットリーダー
柳澤 吉紀 Ph.D.

機能性超高磁場マグネット技術研究ユニット

拠点横浜/中央研究棟

E-mail yoshinori.yanagisawa[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

生体試料を分析する機能性超高磁場をつくる

核磁気共鳴(NMR: Nuclear Magnetic Resonance)装置は、磁場を利用した分析装置です。生体試料・高分子・ナノ材料・天然物など様々な物質の構造を明らかにでき、その分析性能は磁場が高くなるほど向上します。本ユニットでは、NMR用の機能性超高磁場マグネットとして、高温超伝導の線材・コイル・接合技術を統合した最先端マグネット技術研究を行います。これを礎とし、世界一高い磁場の1.3 GHz(30.5 テスラ)級NMR マグネットや、希少資源である液体ヘリウムを消費しない超コンパクトNMRマグネット等を開発し、生体試料等の解析を通して生命機能科学の進展に貢献します。

研究テーマ

  • 核磁気共鳴(NMR)
  • 高温超伝導
  • 超高磁場

主要論文

Takahashi S, Suetomi Y, Takao T, et al.
Hoop stress modification, stress hysteresis and degradation of a REBCO coil due to the screening current under external magnetic field cycling.
IEEE Transaction on Applied Superconductivity 30, 4602607 (2020)

Suetomi Y, Takahashi S, Takao T, et al.
A novel winding method for a no-insulation (NI) layer-wound REBCO coil to provide a short magnetic field delay and self-protect characteristics.
Superconductor Science and Technology 32, 045003 (13pp) (2019)

Piao R, Miyoshi Y, Yoshikawa M, et al.
Design and development of a compact 1 GHz (23.5 T)-class NMR magnet with Bi-2223 inner coils.
IEEE Transaction on Applied Superconductivity 29, 4300407 (2019)

Maeda H, Shimoyama J, Yanagisawa Y, et al.
The MIRAI program and the new super-high field NMR initiative in Japan.
IEEE Transaction on Applied Superconductivity 29, 4602409 (2019)

Maeda H, Yanagisawa Y.
Future prospects for NMR magnets: A perspective.
Journal of Magnetic Resonance 306, 80-85 (2019)

Ohki K, Nagaishi T, Kato T, et al.
Fabrication, microstructure and persistent current measurement of an intermediate grown superconducting (iGS) joint between REBCO-coated conductors.
Superconductor Science and Technology 30, 115017 (7pp) (2017)

Suetomi Y, Yanagisawa K, Nakagome H, et al.
Mechanism of notable difference in the field delay times of no-insulation layer-wound and pancake-wound REBCO coils.
Superconductor Science and Technology 29, 105002(9pp) (2016)

Piao R, Iguchi S, Hamada M, et al.
High resolution NMR measurements using a 400 MHz NMR with an (RE)Ba2Cu3O7-x high-temperature superconducting inner coil: Towards a compact super-high-field NMR.
Journal of Magnetic Resonance 263, 164-171 (2016)

Hashi K, Ohki S, Matsumoto S, et al.
Achievement of 1020 MHz NMR.
Journal of Magnetic Resonance 256, 30-33 (2015)

Maeda H, Yanagisawa Y.
Recent developments in high-temperature superconducting magnet technology. (Review).
IEEE Transaction on Applied Superconductivity 24, 4602412 (2014)

メンバー

柳澤吉紀ユニットリーダーの写真

ユニットリーダー柳澤 吉紀

  • yoshinori.yanagisawa[at]riken.jp
    ([at]を@に置き換えてください)

技師朴 任中

  • renzhong.piao[at]riken.jp
末富 佑 研究員の写真

基礎科学特別研究員末富 佑

  • yu.suetomi[at]riken.jp

([at]を@に変えてください)

PAGE
TOP