ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

 泰地 真弘人チームリーダーの写真

チームリーダー
泰地 真弘人 D.Sci.

計算分子設計研究チーム

拠点大阪/生命システム研究棟

E-mail taiji[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

当グループは、標的とする生体分子を制御するための分子を大規模計算機シミュレーションによって設計することを目標としています。近年X 線構造解析やNMR により、生体高分子の立体構造が次々と明らかになっています。また計測技術の発達によって、細胞内での分子の挙動も次第に観察できるようになってきました。しかし、立体構造が分子機能にどうつながるのかを予測するためには、原子スケールのモデルをもとにした長時間シミュレーションが必要になります。分子動力学計算や量子化学計算による分子シミュレーションを行うことで、生体高分子の機能の理解につなげます。センター内外との共同研究により、さまざまな標的分子に対して、培った手法を応用して新規化合物を設計します。また、分子動力学専用計算機を開発し、市販の計算機では不可能な長時間計算の実現を目指しています。

研究テーマ

  • 生体高分子と制御分子および水和水の相互作用の、熱力学的、物理化学的特性の理解
  • タンパク質/DNAと制御分子複合体の電子状態計算による触媒反応の解明
  • 標的タンパク質に結合する新規ペプチド分子の設計
  • 分子動力学専用計算機MDGRAPE-4A の開発

主要論文

Komatsu TS, Okimoto N, Koyama YM, et al.
Drug binding dynamics of the dimeric SARS-CoV-2 main protease, determined by molecular dynamics simulation.
Scientific Reports 10, 16986 (2020) doi: 10.1038/s41598-020-74099-5

Takaoka Y, Iwahashi M, Chini A, et al.
A rationally designed JAZ subtype-selective agonist of jasmonate perception.
Nature Communications 9, 3654 (2018) doi: 10.1038/s41467-018-06135-y

Otsuka T, Okimoto N, Taiji M.
Assessment and acceleration of binding energy calculations for protein-ligand complexes by the fragment molecular orbital method.
Journal of Computational Chemistry 36(30), 2209-2218 (2015) doi: 10.1002/jcc.24055

Yamagishi J, Okimoto N, Morimoto G, Taiji M.
A New Set of Atomic Radii for Accurate Estimation of Solvation Free Energy by Poisson-Boltzmann Solvent Model.
Journal of Computational Chemistry 35(29), 2132-2139 (2014) doi: 10.1002/jcc.23728

Ohno Y, Yokota R, Koyama H, et al.
Petascale molecular dynamics simulation using the fast multipole method on K computer.
Computer Physics Communications 185(10), 2575-2585 (2014) doi: 10.1016/j.cpc.2014.06.004

Ohmura I, Morimoto G, Ohno Y, et al.
MDGRAPE-4: a special-purpose computer system formolecular dynamics simulations.
Philosophical Transactions of the Royal Society a-Mathematical Physical and Engineering Sciences 372(2021), 20130387 (2014) doi: 10.1098/rsta.2013.0387

Kondo HX, Taiji M.
Enhanced exchange algorithm without detailed balance condition for replica exchange method.
Journal of Chemical Physics 138(24), 244113 (2013) doi: 10.1063/1.4811711

Kondo HX, Okimoto N, Morimoto G, Taiji M.
Free-Energy Landscapes of Protein Domain Movements upon Ligand Binding.
Journal of Physical Chemistry B 115(23), 7629-7636 (2011) doi: 10.1021/jp111902t

Okimoto N, Futatsugi N, Fuji H, et al.
High-Performance Drug Discovery: Computational Screening by Combining Docking and Molecular Dynamics Simulations.
Plos Computational Biology 5(10), e1000528 (2009) doi: 10.1371/journal.pcbi.1000528

PAGE
TOP