ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

柴田 達夫チームリーダーの写真

チームリーダー
柴田 達夫 Ph.D.

フィジカルバイオロジー研究チーム

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mail tatsuo.shibata[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

私たちは生命現象の解明に物理や数学の言葉で迫ります。

個体はたくさんの種類の細胞から構成される多細胞システムです。1つの細胞が分裂を繰り返して個体ができあがる過程を理解するためには、遺伝子や分子から細胞へ、細胞から組織へ、組織から組織の集合へと、階層を一歩ずつ上がっていく必要があります。そのためには、最新の技術による生命現象の定量的な計測と、物理学や数学を基礎にした計算モデルやコンピュータシミュレーションが不可欠です。私たちの研究室では理論的アプローチと実験データ解析のアプローチを組み合わせて、細胞の情報処理、細胞の運動、細胞集団の協調的運動、遺伝子ネットワークの研究を進めています。

研究テーマ

  • 細胞の走化性情報処理のダイナミクス
  • 極性形成のダイナミクス
  • 転写調節ネットワークのダイナミクス

主要論文

Hayakawa M, Hiraiwa T, Wada Y, et al.
Polar pattern formation induced by contact following locomotion in a multicellular system.
eLife 9, e53609 (2020) doi: 10.7554/eLife.53609

Kono K, Yoshiura S, Fujita I, et al.
Reconstruction of Par-dependent polarity in apolar cells reveals a dynamic process of cortical polarization.
eLife 8, e45559 (2019) doi: 10.7554/eLife.45559.001

Sekine R, Shibata T, Ebisuya M.
Synthetic mammalian pattern formation driven by differential diffusivity of Nodal and Lefty.
Nature communications 9(1), 5456 (2018) doi: 10.1038/s41467-018-07847-x

Ogura Y, Wen FL, Sami MM, et al.
A Switch-like Activation Relay of EGFR-ERK Signaling Regulates a Wave of Cellular Contractility for Epithelial Invagination.
Developmental cell 46(2), 162-172 (2018) doi: 10.1016/j.devcel.2018.06.004

Wen FL, Wang YC, Shibata T.
Epithelial Folding Driven by Apical or Basal-Lateral Modulation: Geometric Features, Mechanical Inference, and Boundary Effects.
Biophysical journal 112(12), 2683-2695 (2017) doi: 10.1016/j.bpj.2017.05.012

Sato K, Hiraiwa T, Maekawa E, et al.
Left–right asymmetric cell intercalation drives directional collective cell movement in epithelial morphogenesis.
Nature Communications 6, 10074 (2015) doi: 10.1038/ncomms10074

Sato K, Hiraiwa T, Shibata T.
Cell Chirality Induces Collective Cell Migration in Epithelial Sheets.
Physical Review Letters 115(18), 188102 (2015) doi: 10.1103/PhysRevLett.115.188102

Hiraiwa T, Nagamatsu A, Akuzawa N, et al.
Relevance of intracellular polarity to accuracy of eukaryotic chemotaxis.
Physical Biology 11(5), 056002 (2014) doi: 10.1088/1478-3975/11/5/056002

Nishikawa M, Horning M, Ueda M, Shibata T.
Excitable Signal Transduction Induces Both Spontaneous and Directional Cell Asymmetries in the Phosphatidylinositol Lipid Signaling System for Eukaryotic Chemotaxis.
Biophysical Journal 106(3), 723-734 (2014) doi: 10.1016/j.bpj.2013.12.023

Shibata T, Nishikawa M, Matsuoka S, Ueda M.
Intracellular Encoding of Spatiotemporal Guidance Cues in a Self-Organizing Signaling System for Chemotaxis in Dictyostelium Cells.
Biophysical Journal 105(9), 2199-2209 (2013) doi: 10.1016/j.bpj.2013.09.024

Inomata H, Shibata T, Haraguchi T, Sasai Y.
Scaling of Dorsal-Ventral Patterning by Embryo Size-Dependent Degradation of Spemann's Organizer Signals.
Cell 153(6), 1296-1311 (2013) doi: 10.1016/j.cell.2013.05.004

Hiraiwa T, Baba A, Shibata T.
Theoretical model for cell migration with gradient sensing and shape deformation.
European Physical Journal E 36(4), 32 9 (2013) doi: 10.1140/epje/i2013-13032-1

Baba A, Hiraiwa T, Shibata T.
Directional sensing of deformed cells under faint gradients.
Physical Review E 86(6), 060901 5 (2012) doi: 10.1103/PhysRevE.86.060901

Shibata T, Nishikawa M, Matsuoka S, Ueda M.
Modeling the self-organized phosphatidylinositol lipid signaling system in chemotactic cells using quantitative image analysis.
Journal of Cell Science 125(21), 5138-5150 (2012) doi: 10.1242/jcs.108373

PAGE
TOP