ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

 関根 俊一チームリーダーの写真

チームリーダー
関根 俊一 Ph.D.

転写制御構造生物学研究チーム

拠点横浜

E-mail shunichi.sekine[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

生命活動を支える分子のはたらく姿をとらえ、生命の理解に迫る

生命活動は、生体を構成するタンパク質や核酸といった分子が集合したり、協調して働いたりすることで支えられています。その姿を可視化し、働く仕組みを明らかにするために、当チームでは、巨大な生体分子複合体の調製法を確立し、クライオ電子顕微鏡やSPring-8/SACLA の放射光を駆使して、それらの立体構造の解明を行なっています。特に、RNA ポリメラーゼと転写関連因子の複合体のような巨大複合体を解析し、転写やそれに関連する重要な現象の背後にある分子メカニズムを高分解能で解き明かします。

また、ウイルスや細菌が持つ複製・転写系のタンパク質は主要な創薬のターゲットのひとつであり、それらの立体構造解析により、創薬研究の基礎となる構造基盤を提供します。

研究テーマ

  • RNAの転写およびそれに関連した生命現象の分子メカニズムの解明
  • 超分子複合体の調製・解析技術の高度化
  • ウイルスや細菌の複製・転写機構の解明と創薬への応用

主要論文

Ehara H, Kujirai T, Fujino Y, et al.
Structural insight into nucleosome transcription by RNA polymerase II with elongation factors.
Science 363(6428), 744-747 (2019) doi: 10.1126/science.aav8912

Shimizu H, Saito A, Mikuni J, et al.
Discovery of a small molecule inhibitor targeting dengue virus NS5 RNA-dependent RNA polymerase.
Plos Neglected Tropical Diseases 13(11), e0007894 (2019) doi: 10.1371/journal.pntd.0007894

Kujirai T, Ehara H, Fujino Y, et al.
Structural basis of the nucleosome transition during RNA polymerase II passage.
Science 362(6414), 595-598 (2018) doi: 10.1126/science.aau9904

Ooi WY, Murayama Y, Mekler V, et al.
A Thermus phage protein inhibits host RNA polymerase by preventing template DNA strand loading during open promoter complex formation.
Nucleic Acids Research 46(1), 431-441 (2017) doi: 10.1093/nar/gkx1162

Ehara H, Yokoyama T, Shigematsu H, et al.
Structure of the complete elongation complex of RNA polymerase II with basal factors.
Science 357(6354), 921-924 (2017) doi: 10.1126/science.aan8552

Sekine S, Murayama Y, Svetlov V, et al.
Ratcheting of RNA polymerase toward structural principles of RNA polymerase operations.
Transcription 6(3), 56-60 (2015) doi: 10.1080/21541264.2015.1059922

Sekine S, Murayama Y, Svetlov V, et al.
The ratcheted and ratchetable structural states of RNA polymerase underlie multiple transcriptional functions.
Molecular Cell 57(3), 408-421 (2015) doi: 10.1016/j.molcel.2014.12.014

Tagami S, Sekine S, Minakhin L, et al.
Structural basis for promoter specificity switching of RNA polymerase by a phage factor.
Genes & Development 28(5), 521-531 (2014) doi: 10.1101/gad.233916.113

Murayama Y, Sekine S, Yokoyama S.
Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analyses of Thermus thermophilus backtracked RNA polymerase.
Acta Crystallographica. Section F 69, 174-177 (2013) doi: 10.1107/S1744309113000055

Tagami S, Sekine S, Kumarevel T, et al.
Crystal structure of bacterial RNA polymerase bound with a transcription inhibitor protein.
Nature 468(7326), 978-982 (2010) doi: 10.1038/nature09573

メンバー

 関根 俊一チームリーダーの写真

チームリーダー関根 俊一

関根 俊一

チームリーダー

THIRUMANANSERI Kumarevel

専任研究員

江原 晴彦

研究員

村山 祐子

研究員

大澤 拓生

研究員

柳沢 達男

研究員

永沼 政広

研究員

山下 規央

基礎科学特別研究員

青木 真理

テクニカルスタッフⅠ

邉見 真生

テクニカルスタッフⅡ

工藤 朋子

アシスタント

PAGE
TOP