ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

PHNG Li-Kunチームリーダーの写真

チームリーダー
PHNG Li-Kun Ph.D.

血管形成研究チーム

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mail likun.phng[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

血管の形成と維持の細胞メカニズム

血管の形成と維持は生涯を通して重要です。発育期には、組織の成長に合わせて酸素や栄養を供給し、成人してからは、臓器の代謝を支えて恒常性を維持します。さらに、組織の再生には新しい血管の形成が不可欠です。

私たちの研究室では、血管内皮細胞が細胞間で、あるいは血管周囲の環境と、どのように協調して、パターン化された血管のネットワークを形成するのか、その基本的な形態形成原理を理解することを目指しています。ゼブラフィッシュをモデルシステムとして用い、内皮細胞の柔軟な形状がどのように制御され、血管の形成やリモデリングを引きおこすのかを理解しようとしています。また、血管の形態制御において、血流からうける機械的刺激に対する内皮細胞の反応が果たす役割を理解することも目指しています。内皮細胞がどのようにして特定のサイズとネットワークパターンの血管を形成するのか、その基本的なメカニズムを解明することで、血管奇形の原因についての理解も深まると考えています。

研究テーマ

  • 内皮細胞の形状変化や血管の形態形成を制御する力学的力
  • 内皮細胞のアクトミオシンの働きを制御するメカニズム
  • 血管内腔形成の分子制御

主要論文

Kondrychyn I, Kelly DJ, Carretero NT, et al.
Marcksl1 modulates endothelial cell mechanoresponse to haemodynamic forces to control blood vessel shape and size.
Nature Communications 11, 5476 (2020) doi: 10.1038/s41467-020-19308-5

Gebala V, Collins R, Geudens I, et al.
Blood flow drives lumen formation by inverse membrane blebbing during angiogenesis in vivo.
Nature Cell Biology 18(4), 443-451 (2016) doi: 10.1038/ncb3320

Phng LK, Gebala V, Bentley K, et al.
Formin-mediated actin polymerization at endothelial junctions is required for vessel lumen formation and stabilization.
Developmental Cell 32, 123-132 (2015) doi: 10.1016/j.devcel.2014.11.017

Phng LK, Stanchi F, Gerhardt H.
Filopodia are dispensable for endothelial tip cell guidance.
Development 140, 4031-4040 (2013) doi: 10.1242/dev.097352

Phng LK, Potente M, Leslie J D, et al.
Nrarp coordinates endothelial Notch and Wnt signaling to control vessel density in angiogenesis.
Developmental Cell 16, 70-82 (2009) doi: 10.1016/j.devcel.2008.12.009

Hellström M, Phng LK, Hofmann J H, et al.
Dll4 signalling through Notch1 regulates formation of tip cells during angiogenesis.
Nature 445, 776-770 (2007) doi: 10.1038/nature05571

メンバー

Li-Kun Phng

チームリーダーLi-Kun Phng

  • likun.phng(at)riken.jp
    (Please replace [at] with @)
Igor Kondrychyn

研究員Igor Kondrychyn, PhD

  • igor.kondrychyn[at]riken.jp
Swe Soe Maung Ye

基礎科学特別研究員Swe Soe Maung Ye, PhD

  • swesoe.maungye[at]riken.jp
Yan Chen

特別研究員Yan Chen,PhD

  • yan.chen[at]riken.jp
Guihua Chen

テクニカルスタッフⅡGuihua Chen,PhD

  • guihua.chen[at]riken.jp
Taniguchi

アシスタント谷口 惠美

  • emi.taniguchi[at]riken.jp

([at]を@に変えてください)

PAGE
TOP