ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

西田 栄介チームリーダーの写真

チームリーダー
西田 栄介 Ph.D.

老化分子生物学研究チーム

拠点神戸/発生・再生研究棟

E-mail eisuke.nishida[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

老化・寿命を制御する基本メカニズムを解明する

地球上の多種多様な生物にはそれぞれ固有の寿命があります。さらに、同一生物種においても寿命には個体によりバラつきがあります。そのような種間並びに個体間に差の大きい寿命あるいは老化速度が、種を超えた共通のメカニズムによって制御されていることが分かってきています。その共通の老化・寿命制御メカニズムの発見は、ごく小さい(1ミリ程度)モデル生物である線虫を用いた研究が契機となって明らかになってきました。老化・寿命は、『生まれ(遺伝的要因)』と『育ち(環境要因)』によって大きく影響を受けることが分かってきています。私たちの研究室では、主に線虫と小型魚類を材料として用い、老化・寿命制御の分子メカニズムの解析をしています。

研究テーマ

  • 組織間コミュニケーションによる老化速度制御の解明
  • エピゲノム修飾による老化速度制御の解明
  • エピゲノム変化の次世代への継承機構の解明

主要論文

Okabe E, Uno M, Kishimoto S, Nishida E.
Intertissue small RNA communication mediates the acquisition and inheritance of hormesis in Caenorhabditis elegans.
Communications biology 4, 207 (2021) doi: 10.1038/s42003-021-01692-3

Takahashi TM, Sunagawa GA, Soya S, et al.
A discrete neuronal circuit induces a hibernation-like state in rodents.
Nature 583, 109-114 (2020) doi: 10.1038/s41586-020-2163-6

Nono M, Kishimoto S, Sato-Carlton A, et al.
Intestine-to-Germline Transmission of Epigenetic Information Intergenerationally Ensures Systemic Stress Resistance in C. elegans..
Cell Reports 30, 3207-3217 (2020) doi: 10.1016/j.celrep.2020.02.050

Ikeda T, Uno M, Honjoh S, Nishida E.
The MYST family histone acetyltransferase complex regulates stress resistance and longevity through transcriptional control of DAF-16/FOXO transcription factors.
EMBO Reports 18(10), 1716-1726 (2017) doi: 10.15252/embr.201743907

Kishimoto S, Uno M, Okabe E, et al.
Environmental stresses induce transgenerationally inheritable survival advantages via germline-to-soma communication in Caenorhabditis elegans.
Nature Communications 8, 14031. (2017) doi: 10.1038/ncomms14031

Miyatake K, Kusakabe M, Takahashi C, Nishida E.
ERK7 regulates ciliogenesis by phosphorylating the actin regulator CapZIP in cooperation with Dishevelled.
Nature Communications 6, 6666 (2015) doi: 10.1038/ncomms7666

Takahashi C, Kusakabe M, Suzuki T, et al.
mab21-l3 regulates cell fate specification of multiciliate cells and ionocytes.
Nature Communications 6, 6017 (2015) doi: 10.1038/ncomms7017

Imajo M, Ebisuya M, Nishida E.
Dual role of YAP and TAZ in renewal of the intestinal epithelium.
Nature Cell Biology 17(1), 7-19 (2015) doi: 10.1038/ncb3084

Sunadome K, Suzuki T, Usui M, et al.
Antagonism between the Master Regulators of Differentiation Ensures the Discreteness and Robustness of Cell Fates.
Molecular Cell 54(3), 526-535 (2014) doi: 10.1016/j.molcel.2014.03.005

Uno M, Honjoh S, Matsuda M, et al.
A fasting-responsive signaling pathway that extends life span in C. elegans.
Cell Reports 3(1), 79-91 (2013) doi: 10.1016/j.celrep.2012.12.018

Okuyama T, Inoue H, Ookuma S, et al.
The ERK-MAPK pathway regulates longevity through SKN-1 and insulin-like signaling in Caenorhabditis elegans.
Journal of Biological Chemistry 285(39), 30274-30281 (2010) doi: 10.1074/jbc.M110.146274

Hanafusa H, Matsumoto K, Nishida E.
Regulation of ERK activity duration by Sprouty contributes to dorsoventral patterning.
Nature Cell Biology 11, 106-109 (2009) doi: 10.1038/ncb1820

Honjoh S, Yamamoto T, Uno M, Nishida E.
Signaling through RHEB-1 mediates intermittent fasting-induced longevity in C. elegans.
Nature 457, 726-730 (2009) doi: 10.1038/nature07583

メンバー

西田 栄介

チームリーダー

宇野 雅晴

研究員

髙橋 知佳

研究員

岡部 恵美子

研究員

農野 将功

研究員

PAGE
TOP