ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

難波 啓一チームリーダーの写真

チームリーダー
難波 啓一* D.Eng.

超分子システム動態研究チーム

[2022年3月 終了]

*現在の連絡先 :keiichi[at]fbs.osaka-u.ac.jp

[at]を@に変えてください

クライオ電子顕微鏡法による分子モーターの立体構造と動作機構の解明

細菌べん毛や筋フィラメントなど、生体や細胞の運動に関わる生体超分子モーターの機能・構造・動作機構を解明するため、クライオ電子顕微鏡やX線回折法に光学ナノ計測法、遺伝子工学、生化学的解析法などを組合せ、生体超分子の立体構造やダイナミックな動きを高時間空間分解能で解析します。そのために必要なクライオ電子顕微鏡法や光学ナノ計測法の開発も独自に進めます。

研究テーマ

  • 細菌べん毛や筋フィラメントなど生体超分子モーターの機能・構造・動作機構
  • クライオ電子顕微鏡による生体超分子立体構造の高速高分解能解析法の開発

主要論文

Fujii T, Matsunami H, Inoue Y, Namba K.
Evidence for the hook supercoiling mechanism of the bacterial flagellum.
Biophysics and Physicobiology 15, 28-32 (2018) doi: 10.2142/biophysico.15.0_28

Sakai T, Inoue Y, Terahara N, et al.
A triangular loop of domain D1 of FlgE is essential for hook assembly but not for the mechanical function.
Biochemical and Biophysical Research Communications 495, 1789-1794 (2018) doi: 10.1016/j.bbrc.2017.12.037

Kinoshita M, Namba K, Minamino T.
Effect of a clockwise-locked deletion in FliG on the FliG ring structure of the bacterial flagellar motor.
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 23(3), 241-247 (2018) doi: 10.1111/gtc.12565

Inoue Y, Morimoto YV, Namba K, Minamino T.
Novel insights into the mechanism of well-ordered assembly of bacterial flagellar proteins in Salmonella.
Scientific reports 8(1), 1787 (2018) doi: 10.1038/s41598-018-20209-3

Terahara N, Kodera N, Uchihashi T, et al.
Na+-induced structural transition of MotPS for stator assembly of Bacillus flagellar motor.
Science Advances 3, eaao0419 (2017) doi: 10.1126/sciadv.aao4119

Pourjaberi SNS, Terahara N, Namba K, et al.
The role of a cytoplasmic loop of MotA in load-dependent assembly and disassembly dynamics of the MotA/B stator complex in the bacterial flagellar motor.
Molecular Microbiology 106, 646-658 (2017) doi: 10.1111/mmi.13843

Fukumura T, Makino F, Dietsche T, et al.
Assembly and stoichiometry of the core structure of the bacterial flagellar type III export gate complex.
PLOS Biology 15(8), e2002281(22pp) (2017) doi: 10.1371/journal.pbio.2002281

Kinoshita M, Aizawa S, Inoue Y, et al.
The role of intrinsically disordered C-terminal region of FliK in substrate specificity switching of the bacterial flagellar type III export apparatus.
Molecular Microbiology 105, 572-588 (2017) doi: 10.1111/mmi.13718

Hiraoka KD, Morimoto YV, Inoue Y, et al.
Straight and rigid flagellar hook made by insertion of the FlgG specific sequence into FlgE.
Scientific Reports 7, 46723(8pp) (2017) doi: 10.1038/srep46723

Terahara N, Noguchi Y, Nakamura S, et al.
Load- and polysaccharide-dependent activation of the Na+-type MotPS stator in the Bacillus subtilis flagellar motor.
Scientific Reports 7, 46081(11pp) (2017) doi: 10.1038/srep46081

Renault TT, Abraham AO, Bergmiller T, et al.
Bacterial flagella grow through an injection-diffusion mechanism.
eLife 6, e23136 (2017) doi: 10.7554/eLife.23136

PAGE
TOP