ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

清末 優子チームリーダーの写真

チームリーダー
清末 優子 Ph.D.

分子細胞動態研究チーム

拠点神戸/発生再生研究棟

E-mail yuko.kiyosue[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

先進的光学顕微鏡技術が解き明かす細胞のはたらき

私たちが健康であるのも病気になるのも、その根源はひとつひとつの細胞の働きです。細胞の活動は、様々な生体分子による情報伝達やインフラ構築、そのダイナミックな時空間制御によって担われています。私たちは、かつてない精密さで細胞機能情報データをもたらす3D高解像ライブイメージング顕微鏡『格子光シート顕微鏡』を用いて、発生や疾患の背景にある未解明な細胞制御機能を探求します。現在、格子光シート顕微鏡からの精密多次元データを用いた新しい細胞研究スタイルの構築を進めています。

研究テーマ

  • 生命活動を駆動する細胞内マシナリの機能解析
  • 細胞機能の統合性や恒常性を維持する仕組みの研究
  • 格子光シート顕微鏡を用いた定量的細胞表現型解析手法の開発
Time lapse movie of EB1 GFP in living fibroblasts
Microtubule dynamics in a dividing cell in 3D
Actin dynamics in 3D

主要論文

Yamashita N, Morita M, Legant WR, et al.
Three-dimensional tracking of plus-tips by lattice light-sheet microscopy permits the quantification of microtubule growth trajectories within the mitotic apparatus.
Journal of Biomedical Optics 20(10), 101206 (2015) doi: 10.1117/1.JBO.20.10.101206

Chen BC, Legant WR, Wang K, et al.
Lattice light-sheet microscopy: imaging molecules to embryos at high spatiotemporal resolution.
Science 346(6208), 1257998 (2014) doi: 10.1126/science.1257998

Shimozawa T, Yamagata K, Kondo T, et al.
Improving spinning disk confocal microscopy by preventing pinhole cross-talk for intravital imaging.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 110(9), 3399-3404 (2013) doi: 10.1073/pnas.1216696110

Nakamura S, Grigoriev I, Nogi T, et al.
Dissecting the nanoscale distributions and functions of microtubule-end-binding proteins EB1 and ch-TOG in interphase HeLa cells.
PLOS ONE 7(12), e51442 (2012) doi: 10.1371/journal.pone.0051442

Mimori-Kiyosue Y.
Shaping microtubules into diverse patterns: molecular connections for setting up both ends.
Cytoskeleton (Hoboken) 68(11), 603-618 (2011) doi: 10.1002/cm.20540

Hotta A, Kawakatsu T, Nakatani T, et al.
Laminin-based cell adhesion anchors microtubule plus ends to the epithelial cell basal cortex through LL5α/β.
The Journal of Cell Biology 189(5), 901-917 (2010) doi: 10.1083/jcb.200910095

Mimori-Kiyosue Y, Grigoriev I, Lansbergen G, et al.
CLASP1 and CLASP2 bind to EB1 and regulate microtubule plus-end dynamics at the cell cortex.
The Journal of Cell Biology 168(1), 141-153 (2005) doi: 10.1083/jcb.200405094

Mimori-Kiyosue Y, Tsukita S.
Search-and-capture of microtubules through plus-end-binding proteins (+TIPs).
The Journal of Biochemistry 134(3), 321-326 (2003) doi: 10.1093/jb/mvg148

Mimori-Kiyosue Y, Shiina N, Tsukita S.
The dynamic behavior of the APC-binding protein EB1 on the distal ends of microtubules.
Current Biology 10(14), 865-868 (2000) doi: 10.1016/S0960-9822(00)00600-X

Mimori-Kiyosue Y, Shiina N, Tsukita S.
Adenomatous polyposis coli (APC) protein moves along microtubules and concentrates at their growing ends in epithelial cells.
The Journal of Cell Biology 148(3), 505-518 (2000) doi: 10.1083/jcb.148.3.505

メンバー

清末 優子

チームリーダー

野木 泰作

テクニカルスタッフⅠ

田野 友紀

アシスタント

林 昭子

研究パートタイマーⅠ

PAGE
TOP