ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

 神 隆チームリーダーの写真

チームリーダー
神 隆 D.Sci.

ナノバイオプローブ研究チーム

拠点 大阪/生命システム研究棟

E-mail tjin[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

生体非侵襲分子イメージングのための近赤外バイオプローブの開発

本研究チームは、細胞内での分子動態から組織内での細胞動態を可視化し、細胞状態を操作するためのイメージング技術の開発をおこなっています。これまで1分子イメージング用蛍光ナノプローブ、 細胞環境応答プローブ、細胞状態を制御するための機能性ナノプローブなどの合成をおこなってきました。最近では、生きた個体、組織の中での細胞動態を研究するためのデュアルモーダル高輝度発光近赤外蛍光プローブ(生体の第2光学窓、1000-1500nm)の合成をおこなっています。シアニン系有機色素、量子ドット、希土類イオンなどを利用して高輝度発光近赤外蛍光プローブを開発し、非侵襲での生体内における分子・細胞状態の可視化、がん細胞や免疫細胞の個体、組織の中での細胞状態の操作技術の開発を目指しています。また、開発した機能性プローブを特定の細胞、組織、器官への輸送するためのデリバリー技術の開発もおこなっています。

研究テーマ

  • 高輝度、抗光退色、多色1分子イメージング用蛍光プローブ
  • 細胞環境(膜電位、pH, 粘性)に応答する近赤外蛍光プローブ
  • 生物発光共役自己発光近赤外蛍光プローブ
  • “生体の第2光学窓”近赤外蛍光プローブ
  • がん転移や免疫、炎症反応の生体近赤外蛍光イメージング技術

主要論文

Swamy MMM, Murai Y, Monde K, et al.
Shortwave-Infrared Fluorescent Molecular Imaging Probes Based on π-Conjugation Extended Indocyanine Green.
Bioconjugate Chemistry 32(8), 1541-1547 (2021) doi: 10.1021/acs.bioconjchem.1c00253

Tsuboi S, Jin T.
Dual-colour (near-infrared/visible) emitting annexin V for fluorescence imaging of tumour cell apoptosis in vitro and in vivo.
RSC Advances 10, 38244-38250 (2020) doi: 10.1039/d0ra06495e

Tiwari D.K, Tiwari M, Jin T.
Near-infrared fluorescent protein and bioluminescence-based probes for high-resolution in vivo optical imaging.
Materials Advances 1, 967-987 (2020) doi: 10.1039/d0ma00273a

Tsuboi S, Jin T.
Shortwave-infrared (SWIR) fluorescence molecular imaging using indocyanine green-antibody conjugates for the optical diagnostics of cancerous tumours.
RSC Advances 10, 28171-28179 (2020) doi: 10.1039/d0ra04710d

Tsuboi S, Jin T.
BRET-based dual-color (visible/near-infrared) molecular imaging using a quantum dot/EGFP-luciferase conjugate.
RSC Advances 9, 34964-34971 (2019) doi: 10.1039/c9ra07011g

Jin T.
Recent progress in NIR fluorophores emitting over 1000 nm for bioimaging.
ECS Journal of Solid State Science and Technology 8, R9-R13 (2019) doi: 10.1149/2.0111901jss

Tsuboi S, Jin T.
Fluorescent recombinant protein conjugated near-infrared emitting quantum dots for in vitro and in vivo dual-color molecular imaging.
ChemBioChem 20, 565-575 (2019) doi: 10.1002/cbic.201800506

Tsuboi S, Jin T.
Recombinant Protein (Luciferase-IgG Binding Domain) Conjugated Quantum Dots for BRET-Coupled Near-Infrared Imaging of Epidermal Growth Factor Receptors.
Bioconjugate Chemistry 29(4), 1466-1574 (2018) doi: 10.1021/acs.bioconjchem.8b00149

Tsuboi S, Sasaki A, Sakata T, Yasuda H et al.
Immunoglobulin binding (B1) domain mediated antibody conjugation to quantum dots for in vitro and in vivo molecular imaging.
Chemical Communications 53, 9450-9453 (2017) doi: 10.1039/c7cc04966h

Tsuboi S, Jin T.
Bioluminescence Resonance Energy Transfer (BRET)-coupled Annexin V-functionalized Quantum Dots for Near-Infrared Optical Detection of Apoptotic Cells.
Chembiochem : a European journal of chemical biology 18(22), 2231-2235 (2017) doi: 10.1002/cbic.201700486

PAGE
TOP