ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

細谷 孝充チームリーダーの写真

チームリーダー
細谷 孝充 Ph.D.

分子標的化学研究チーム

拠点神戸/MI R&Dセンタービル

E-mail takamitsu.hosoya[at]riken.jp

[at]を@に変えてください

化学に革新をもたらすことで、ライフサイエンスや創薬研究の推進を実現します

生命科学や創薬分野の発展を促すには、革新的な化学の創出による新たな方法論の開発が不可欠です。具体的には、(1) 機能性分子プローブの効率的な合成法の開発、(2) 標的分子のin vivoイメージングを可能にする有用な分子プローブの開発、(3) ケミカルバイオロジーを加速する化学技術(ツール、手法)の開発、(4) 従来法では入手困難な価値ある有機化合物の高効率合成法の開発などが挙げられます。私たちは有機化学を対象とする基礎研究を幅広く推進し、化学にイノベーションをもたらすと共に、センター内外の様々な背景を持つ多くの研究者との共同研究を通じ、現代の生物学や医学が直面している挑戦的な課題の解決に挑んでいます。

研究テーマ

  • 革新的な分子プローブ合成法の開発
  • 標的分子特異的な分子プローブの創製
  • プローブ化を指向したタンパクや核酸・糖鎖の配列特異的化学修飾法の開発
  • 有用化合物合成のための新規反応の開発

主要論文

Sato Y, Nakamura K, Sumida Y, et al.
Generation of Alkyl Radical through Direct Excitation of Boracene-Based Alkylborate.
Journal of the American Chemical Society 142(22), 9938-9943 (2020) doi: 10.1021/jacs.0c04456

Uetake Y, Isoda M, Niwa T, Hosoya T.
Synthesis of (2,2-diborylvinyl)arenes by rhodium-catalyzed desulfanylative gem-diborylation of 2-arylvinyl sulfides.
Organic Letters 21, 4933-4938 (2019) doi: 10.1021/acs.orglett.9b01253

Niwa T, Ogoshi S, Hosoya T. et al.
Copper-Catalyzed Regioselective Monodefluoroborylation of Polyfluoroalkenes en Route to Diverse Fluoroalkenes.
Journal of the American Chemical Society 139(36), 12855-12862 (2017) doi: 10.1021/jacs.7b08343

Hatakeyama M, Sakamoto Y, Ogata K, et al.
A study on an unusual SN2 mechanism in the methylation of benzyne through nickel-complexation.
Physical Chemistry Chemical Physics 19(39), 26926-26933 (2017) doi: 10.1039/C7CP04739H

Sumida Y, Sumida T, Hosoya T.
Nickel-Catalyzed Reductive Cross-Coupling of Aryl Triflates and Nonaflates with Alkyl Iodides.
Synthesis 49(16), 3590-3601 (2017) doi: 10.1055/s-0036-1588464

Niwa T, Ochiai H, Isoda M, Hosoya T.
Facile Transformation of α,β-Unsaturated Carboxylic Acids to Alkenylboronic Esters via Rhodium-catalyzed Decarbonylative Borylation of α,β-Unsaturated Thioesters.
Chemistry Letters 46(9), 1315-1318 (2017) doi: 10.1246/cl.170549

Niwa T, Ochiai H, Hosoya T.
Copper-Catalyzed ipso-Borylation of Fluoroarenes.
ACS Catalysis 7(7), 4535-4541 (2017) doi: 10.1021/acscatal.7b01448

Ochiai H, Uetake Y, Niwa T, Hosoya T.
Rhodium-Catalyzed Decarbonylative Borylation of Aromatic Thioesters for Facile Diversification of Aromatic Carboxylic Acids.
Angewandte Chemie International Edition 56(9), 2482-2486 (2017) doi: 10.1002/anie.201611974

Ochiai H, Niwa T, Hosoya T.
Stereoinversion of Stereocongested Carbocyclic Alcohols via Triflylation and Subsequent Treatment with Aqueous N,N -Dimethylformamide.
Organic Letters 18(23), 5982-5985 (2016) doi: 10.1021/acs.orglett.6b02675

Sumida Y, Sumida T, Hashizume D, Hosoya T.
Preparation of Aryne-Nickel Complexes from ortho-Borylaryl Triflates.
Organic Letters 18(21), 5600-5603 (2016) doi: 10.1021/acs.orglett.6b02831

Uetake Y, Niwa T, Hosoya T.
Rhodium-Catalyzed ipso-Borylation of Alkylthioarenes via C–S Bond Cleavage.
Organic Letters 18(11), 2758-2761 (2016) doi: 10.1021/acs.orglett.6b01250

Niwa T, Ochiai H, Watanabe Y, Hosoya T.
Ni/Cu-Catalyzed Defluoroborylation of Fluoroarenes for Diverse C-F Bond Functionalizations.
Journal of the American Chemical Society 137(45), 14313-14318 (2015) doi: 10.1021/jacs.5b10119

メンバー

細谷 孝充チームリーダーの写真

チームリーダー細谷 孝充

  • takamitsu.hosoya[at]riken.jp
    ([at]を@に置き換えてください)
  • CV

兼務:東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生命有機化学分野・教授

研究員ZHANG Zhouen

  • zhang.zhouen[at]riken.jp
  • CV

研究員渡邊 賢司

  • kenji.watanabe.vs[at]riken.jp
  • CV

専任研究員堀 哲哉

  • tetsuya.hori[at]riken.jp

特別研究員中村 大地

人材派遣津田 隼平

人材派遣瀧本 正

客員研究員丹羽 節

  • takashi.niwa[at]riken.jp

客員研究員隅田 有人

客員研究員喜井 勲

客員研究員植竹 裕太

アシスタント*長友 陽子

アシスタント*内海 貴美子

(* 兼務/ [at]を@に変えてください)

PAGE
TOP