象徴概念発達研究チーム|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

象徴概念発達研究チーム

チームリーダー

入來 篤史D.D.S., Ph.D., D.M.Sc.

  • 拠点:和光/脳科学西研究棟
  • E-mail:atsushi.iriki[at]riken.jp[at]を@に変えてください
  • 研究室ウェブサイト

身体臓器の一つである霊長類の脳が、人間社会を形成するヒトの知的な精神を進化創発させた、生物科学的な仕組みを解明する。

研究内容

身体臓器の一つである脳神経が、人間社会をつくる知的な精神を進化創発させた生物科学的な仕組みの解明を目指します。方法として分子神経遺伝学的手法から脳機能イメージングに亙る先端技術データの複雑系数理解析などを駆使し、学究理念として物質から精神が進化創発する基本原理を追究することを通じて、社会貢献として人間の健全な精神の涵養に資するその発達・加齢過程の定量評価技術の開発・実装を志します。具体的には、道具やビデオなどを使うように訓練したサルの行動学的および神経生理学的解析を軸として、ヒトの知的認知機能の進化的基盤を構成すると考えられる、身体の構造や運動に立脚した象徴概念形成/推論/言語/自己意識などの萌芽の認知神経生物学的解析を行います。そして、霊長類進化の過程でヒト脳がこれらの能力を獲得するに至った生物科学的メカニズムを、心−身相関の観点から脳神経と全身臓器との機能的関連性を再吟味するとともに、野生環境下のサルの道具を使った採餌行為を通した脳−腸連関による脳神経発達の修飾作用を検討することによって、精神と身体と環境との生涯に亙る機能連関の動的機構を理解し、その社会発達過程の定量化法を開発します。

研究テーマ

  • 心−身相関の観点からの脳神経系と全身臓器の機能的ネットワークの動的解析
  • 三位一体ニッチ構築理論 (脳−認知行動−環境の相互作用) による霊長類脳進化のメカニズムの解明
  • 脳機能/構造イメージングによる自己意識を含む高次精神機能創発の原理の追及

主要論文

  • Tia B, Takemi M, Kosugi A, et al.
    Cortical control of object-specific grasp relies on adjustments of both activity and effective connectivity: a common marmoset study.
    Journal of Physiology (London) 595. 7203-7221 (2017). doi: 10.1113/JP274629
  • Yamazaki Y, Kawarai S, Morita H, et al.
    Faecal transplantation for the treatment of Clostridium difficile infection in a marmoset.
    BMC Veterinary Research 13. 150 (2017). doi: 10.1186/s12917-017-1070-z
  • Yamazaki Y, Hikishima K, Saiki M, et al.
    Neural changes in the primate brain that illustrate the evolution of complex motor skills.
    Scientific Reports 6. 31804 (2016). doi: 10.1038/srep31084
  • Hihara S, Taoka M, Tanaka M, Iriki A.
    Visual responsiveness of the neurons in secondary somatosensory area and its surrounding parietal opperculum regions of awake macaque monkeys.
    Cerebral Cortex 25. 4535-4550 (2015). doi: 10.1093/cercor/bhv095
  • Hashimoto T, Kitajo K, Kajihara T, et al.
    Neural correlates of electrointestinography: insular activity modulated by signals recorded from the abdominal surface.
    Neuroscience 289. 1-8 (2015). doi: 10.1016/j.neuroscience.2014.12.057
  • Pfenning AR, Hara E, Whitney O, et al.
    Convergent transcriptional specializations in the brains of humans and song learning birds.
    Science 346. 6215 (2014). doi: 10.1126/science.1256846
  • Ferrari PF, Tramacere A, Simpson EA, Iriki A.
    Mirror neurons through the lens of epigenetics.
    Trends in Cognitive Sciences 17. 450-457 (2013). doi: 10.1016/j.tics.2013.07.003
  • Yoshida K, Saito N, Iriki A, Isoda M.
    Social error monitoring in macaque frontal cortex.
    Nature Neuroscience 15. 1307-1312 (2012). doi: 10.1038/nn.3180
  • Iriki A, Taoka M.
    Triadic (ecological, neural, cognitive) niche construction: a scenario of human brain evolution extrapolating tool use and language from the control of reaching actions.
    Philosophical Transactions of the Royal Society B Biological Science 367. 10-23 (2012). doi: 10.1098/rstb.2011.0190
  • Quallo MM, Price CJ, Ueno K, et al.
    Gray and white matter changes associated with tool-use learning in macaque monkeys.
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 106. 18379-84 (2009). doi: 10.1073/pnas.0909751106

メンバー

入來 篤史チームリーダー atsushi.iriki[at]riken.jp CV
山﨑 由美子副チームリーダー
田岡 三希専門職研究員
Rafael BRETAS VIEIRA研究員
稲田 正幸テクニカルスタッフ
斉木 正門テクニカルスタッフ
石川 愛里紗テクニカルスタッフ
中島 修子テクニカルスタッフ

*:兼務/ [at]を@に変えてください