ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

Photo of Team leder, Toshio Yanagida

チームリーダー
柳田 敏雄 Ph.D.

細胞動態計測研究チーム

[2021年3月 終了]

超高感度質量分析を用いて細胞のダイナミクスに迫る

生命の構成単位である細胞は、様々な刺激に対して様々な応答を示します。こうした変化を経時的、網羅的かつ定量的に評価し、細胞のダイナミクスを明らかにすることで、外界の変化に対する生命の応答、発生の分子機構、細胞の癌化のメカニズムなど、生命の様々な側面を理解するのに役立ちます。一細胞質量分析研究チームでは、ナノスプレーチップを用いた一細胞質量分析技術およびキャピラリー電気泳動質量分析技術を併用することによって細胞内の代謝物やタンパク質などの分子群の網羅的変化を、一細胞レベルで明らかにする技術を開発し、構築した要素技術を1細胞創薬や診断新技法の開発へと展開させていくことを目指しています。

研究テーマ

  • 一細胞質量分析法の開発
  • 超高感度キャピラリー電気泳動質量分析法の開発
  • 一細胞創薬・一細胞診断技術の開発

主要論文

Fujita K, Ohmachi M, Ikezaki K, et al.
Direct visualization of human myosin II force generation using DNA origami-based thick filaments.
Communications Biology 2, 437 (2019).doi: 10.1038/s42003-019-0683-0

Fujita K, Iwaki M, Yanagida T.
Transcriptional bursting is intrinsically caused by interplay between RNA polymerases on DNA.
Nature Communications 7. 13788 (2016) doi :10.1038/ncomms13788

Iwaki M, Wickham SF, Ikezaki K, et al.
A programmable DNA origami nanospring that reveals force-induced adjacent binding of myosin VI heads.
Nature Communications 7. 13715 (2016) doi :10.1038/ncomms13715

Iwaki M, Iwane AH, Ikezaki K, Yanagida T.
Local Heat Activation of Single Myosins Based on Optical Trapping of Gold Nanoparticles.
Nano Letters 15(4). 2456-2461 (2015) doi :10.1021/nl5049059

Karagiannis P, Ishii Y, Yanagida T.
Molecular Machines Like Myosin Use Randomness to Behave Predictably.
Chemical Reviews 114(6). 3318-3334 (2014) doi :10.1021/cr400344n

Fujita K, Iwaki M, Iwane AH, et al.
Switching of myosin-V motion between the lever-arm swing and Brownian search-and-catch.
Nature Communications 3. 956 (2012) doi :10.1038/ncomms1934

Fujii T, Iwane AH, Yanagida T, Namba K.
Direct visualization of secondary structures of F-actin by electron cryomicroscopy.
Nature 467(7316). 724-728 (2010) doi :10.1038/nature09372

Nishikawa S, Arimoto I, Ikezaki K, et al.
Switch between Large Hand-Over-Hand and Small Inchworm-like Steps in Myosin VI.
Cell 142(6). 879-888 (2010) doi :10.1016/j.cell.2010.08.033

Iwaki M, Iwane AH, Shimokawa T, et al.
Brownian search-and-catch mechanism for myosin-VI steps.
Nature Chemical Biology 5(6). 403-405 (2009) doi :10.1038/nchembio.171

Inomata K, Ohno A, Tochio H, et al.
High-resolution multi-dimensional NMR spectroscopy of proteins in human cells.
Nature 458(7234). 106-109 (2009) doi :10.1038/nature07839

Funatsu T, Harada Y, Tokunaga M, et al.
Imaging of single fluorescent molecules and individual ATP turnovers by single myosin molecules in aqueous-solution.
Nature 374(6522). 555-559 (1995) doi :10.1038/374555a0

PAGE
TOP