ロゴマーク
研究

研究

BDRでは、様々な分野の研究者が協力して、より高い目標に向かって研究を進めています。

セミナー・シンポジウム

セミナー・イベント

BDRでは、ライフサイエンス分野の国際的な研究者を招いて、年1回のシンポジウムや定期的なセミナーを開催しています。

キャリア・育成

キャリア・育成

BDRでは、様々なバックグラウンドを持つ人々を受け入れ、オープンで協力的な研究環境の構築に努めています。

つながる・楽しむ

つながる・楽しむ

BDRでは、様々なメディアや活動を通じて、研究の魅力や意義を社会に発信しています。

ニュース

ニュース

最新の研究、イベント、研究者のインタビューなど、理研BDRの最新情報をお届けします。

BDRについて

BDRについて

理研の強みを生かし学際的なアプローチで生命の根源を探求し、社会の課題に応えます。

古田 泰秀チームリーダーの写真

チームリーダー
古田 泰秀 Ph.D.

[2019年3月 終了]

- 遺伝子改変マウス -個体レベルでの高次生命現象解明を目指して

医学・生物学研究において欠かせない実験材料となっている遺伝子改変マウス。その作製の効率化を目指した技術開発を行うとともに、医学・生物学研究分野において広く有用なマウス系統を作製しています。最近では特に、組織、細胞、細胞内小器官、そして生体シグナリングの動態を標識可能な遺伝子改変マウスの開発を進め、マウス胚発生における bioimaging 技術の開発に力を入れてきました。また、従来の遺伝的交配によって作出することが困難であった多重遺伝子変異体を、ゲノム編集ツールの応用により効率よく作製し、解析に供することができる系を確立しています。さらに、そのような開発研究で培った技術や知識を活かして、生体モデル開発ユニットとの連携により、理研内各研究所・センターのみならず、国内のアカデミック機関やアジア各国の研究者との共同開発プロジェクトを展開しています。この共同開発においては、各研究者よりマウス遺伝子配列情報の提供を受け、ベクター構築から遺伝子改変マウスの作出に至る過程を当チームが担当し、年100件を超える遺伝子改変マウスを作出、提供しています。

研究テーマ

  • 医科学・生物学研究に有用な遺伝子改変マウスの開発
  • マウス胚でのイメージング技術の開発

主要論文

Morita R, Sanzen N, Sasaki H, et al.
Tracing the origin of hair follicle stem cells.
Nature (2021) doi: 10.1038/s41586-021-03638-5

Kiyonari H, Kaneko M, Abe T, et al.
Dynamic organelle localization and cytoskeletal reorganization during preimplantation mouse embryo development revealed by live imaging of genetically encoded fluorescent fusion proteins.
Genesis. 57(2). e23277 (2019) doi: 10.1002/dvg.23277

Satake T, Yamashita K, Hayashi K, et al.
MTCL1 plays an essential role in maintaining Purkinje neuron axon initial segment.
The EMBO Journal 36(9). 1227-1242 (2017) doi: 10.15252/embj.201695630.

Shioi G, Hoshino H, Abe T, et al.
Apical constriction in distal visceral endoderm cells initiates global, collective cell rearrangement in embryonic visceral endoderm to form anterior visceral endoderm.
Developmental Biology 429(1). 20-30 (2017) doi: 10.1016/j.ydbio.2017.07.004.

Nakao H, Harada T, Nakao K, Kiyonari H, et al.
A possible aid in targeted insertion of large DNA elements by CRISPR/Cas in mouse zygotes.
Genesis 54(2). 65-77 (2016) doi: 10.1002/dvg.22914

Toya M, Kobayashi S, Kawasaki M, et al.
CAMSAP3 orients the apical-to-basal polarity of microtubule arrays in epithelial cells.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(2). 332-337 (2016) doi: 10.1073/pnas.1520638113

Hayashi K, Momoi Y, Tanuma N, et al.
Abrogation of protein phosphatase 6 promotes skin carcinogenesis induced by DMBA.
Oncogene34(35). 4647-4655 (2015) doi: 10.1038/onc.2014.398

Kurimoto K, Yabuta Y, Hayashi K, et al.
Quantitative Dynamics of Chromatin Remodeling during Germ Cell Specification from Mouse Embryonic Stem Cells.
Cell Stem Cell 16(5). 517-532 (2015) doi: 10.1016/j.stem.2015.03.002

Susaki EA, Tainaka K, Perrin D, et al.
Whole-brain imaging with single-cell resolution using chemical cocktails and computational analysis.
Cell 157(3). 726-739 (2014) doi: 10.1016/j.cell.2014.03.042

Ishiguro K, Kim J, Shibuya H, et al.
Meiosis-specific cohesin mediates homolog recognition in mouse spermatocytes.
Genes & Development 28(6). 594-607 (2014) doi: 10.1101/gad.237313.113

Lee J, Kim KE, Choi DK, et al.
Angiopoietin-1 guides directional angiogenesis through integrin αvβ5 signaling for recovery of ischemic retinopathy.
Science Translational Medicine 5. 203ra127 (2013) doi: 10.1126/scitranslmed.3006666

Abe T, Fujimori T.
Reporter mouse lines for fluorescence imaging.
Development, Growth & Differentiation 55(4). 390-405 (2013) doi: 10.1111/dgd.12062

PAGE
TOP