クライオ電子顕微鏡(横浜)|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

クライオ電子顕微鏡(横浜)

近年急速に発展したクライオ電子顕微鏡法は、X線結晶構造解析、核磁気共鳴に続く、生体分子の三次元構造を精密に解析する手法として、目覚ましい勢いで広まっています。
生命機能科学研究センター(BDR)横浜クライオ電子顕微鏡施設は、自動運転による大規模データ収集が可能なTechnai Arcticaを運用しています。
日本医療研究開発機構(AMED)創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS)の一環として、E2基準を満たした試料について、Technai Arcticaによる大規模データ収集を有料で支援しています。


お問い合わせ先 em_ext[at]ml.riken.jp ([at]を@に変えてください)

CryoEM Network https://www.cryoemnet.org/
E2とはhttps://www.cryoemnet.org/e2-1

クライオ電子顕微鏡施設の画像

クライオ電子顕微鏡(横浜)設備利用手続き

利用前

  1. BINDS事務局 コンサルティング申請をしてください。
    支援ユニット:構造解析領域
    支援項目:電子顕微鏡
    希望する代表担当者:(東大)吉川雅英 を選択してください。
  2. 実験担当者がコンサルティングいたします。
  3. 課題が支援に採択された場合、実験担当者と利用日を調整していただきます。
  4. em_ext[at]ml.riken.jp ([at]を@に変えてください)に お名前、所属機関、部署、メールアドレス、電話番号、お問い合わせ内容をご記載のうえお申し込みください。
  5. 利用日が決まりましたら、利用誓約書の書式をお送りいたします。利用者と所属長捺印の利用誓約書を利用前にご提出ください。

利用後

  1. 理研クライオ電顕設備利用終了届を利用者宛に郵送いたします。内容をご確認後、理研クライオ電顕設備利用終了届実施責任者ご捺印のうえ、当施設にご返送ください。
  2. 当施設より、利用者もしくは実施責任者宛に請求書を郵送いたします。
  3. 請求書の記載に従って料金をお支払いください。
利用料金表
(2019 年4 ⽉1 ⽇)
研究支援区分
単位
金額(税別)
Technai Arctica 学術研究機関
1日
37,500円
学術研究機関トライアル
18,750円
非学術研究機関
190,000円

※原則、実験担当者の支援を受けずに単独で利用していただきます。
(注1)「学術研究機関」とは、大学および国公立の試験研究機関(独立行政法人を含む)、公益財団等を指します。
(注2)トライアルとはラボの初回利用を指します。
(注3)連続利用日数の上限は3日です。