2019年度BDR 発生・再生研究棟 動物実験施設における動物実験実施状況等について(国立大学法人動物実験施設協議会等会員校情報公開)|理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)

2019年度BDR 発生・再生研究棟 動物実験施設における動物実験実施状況等について(国立大学法人動物実験施設協議会等会員校情報公開)情報公開

1.機関内規程

2.自己点検評価の結果

2019年動物実験実施状況等に係る自己点検・評価

3.外部検証の結果

動物実験実施状況等に係る自己点検・評価に対する検証結果(2017年3月27日)

4.飼養及び保管の状況(2020年2月末現在の飼育数概数)

1)動物種、2)動物数

マウス ラット スンクス フェレット マカクサル マーモ
セット
ウサギ ハイイロ
ジネズミ
オポッサム
トゲ
マウス
フィンチ ヤモリ
28,600 120 40 7 12 0 2 410 30 0 560

3)施設の情報

2019年度動物実験に係る施設の審査及び管理状況
審査状況

審査の別 施設審査件数 審査結果 所長により承認
された件数
備考
開催/書面
(審査回数)
新規 変更 可とされた
件数
修正・確認の上、
可とされた件数
不可とされた
件数
書面(6回) 6 180 166 20 0 186  

管理状況

所長により承認されていた
飼育施設数
規程に基づき提出された
報告書数
適正に管理されたと認められた
報告書の件数
改善を要した件数
10 10 10 0

4)主な飼養保管施設の名称

BDR 動物実験飼育棟、発生・再生研究棟B、発生・再生研究棟D、水棲動物飼育実験棟

5.その他

1)2019年度実験計画書の年間の承認件数

審査状況

審査の別 施設審査件数 審査結果 所長により承認
された件数
備考
開催/書面
(審査回数)
新規 継続 変更 可とされた
件数
修正・確認の上、
可とされた件数
不可とされた
件数
書面(22回) 12 34 73 80 39 0 119  
開催(1回) 0 0 0 0 0 0 0 自己点検・
評価の実施

実施状況

所長により承認されていた
実験計画数
規程に基づき提出された
報告書数
適正に実施されたと認められた
報告書の件数
改善を要した件数
98 98 98 0

2)2019年度教育訓練の実績(実施回数、実施内容の概略、参加者数)

対象者 実施回数 参加者数 内容 主催・担当
新規登録予定者
(外国人を含む)
41回 99名

①規程等について
②動物福祉に関する事項
③安全確保に関する事項
④その他動物実験及び実験動物の取扱いに関する基本的事項(飼育マニュアル、実技研修)
⑤感染症コントロールについて
⑥実験処置の科学的合理性と動物の苦痛

動物実験監督者
神戸安全管理室
動物飼育施設
新規立入者
3回 27名 動物実験監督者
生体モデル開発チーム
再教育訓練(実験従事者・飼育技術者全員)
[ビデオ講習、英語版資料配付による講習を含む]
1回 397名 動物実験監督者
神戸安全管理室

3)動物実験委員会(当該年度4月1日時点での委員の構成(基本指針に示された3通りの役割ごとの委員の所属部局及び専門分野))

2019年4月1日現在
神戸動物実験審査委員会

委員名 所属 基本指針第3の3に示す役割

浅野 雅秀

京都大学大学院医学研究科 教授

鍵山 直子

公益財団法人実験動物中央研究所 理事

清成 寛

生命機能科学研究センター
生体モデル開発ユニット ユニットリーダー

隅山 健太

生命機能科学研究センター
高速ゲノム変異マウス作製支援ユニット ユニットリーダー

林 拓也

生命機能科学研究センター
脳コネクトミクスイメージング研究チーム チームリーダー

崔 翼龍

生命機能科学研究センター
生体機能動態イメージング研究チーム チームリーダー

平谷 伊智朗

生命機能科学研究センター
発生エピジェネティクス研究チーム チームリーダー

古田 泰秀

メモリアルスローンケタリングがんセンター
マウス遺伝学コア施設 施設長

森本 充

生命機能科学研究センター
呼吸器形成研究チーム チームリーダー

佐藤 太一

神戸事業所研究支援部長

吉識 肇

神戸事業所安全管理室長

①動物実験等に関して優れた識見を有する者、②実験動物に関して優れた識見を有する者、③その他学識経験を有する者