超微形態研究チーム

チームリーダー

米村 重信Ph.D.

生命の原理解明から応用研究に必要な細胞、組織の超微形態情報を電子顕微鏡法を駆使して取得、解析します。

研究内容

当研究室は透過型電子顕微鏡並びに走査型電子顕微鏡を用いた微細形態解析技術を駆使してさまざまなライフサイエンス研究分野において精緻な形態情報を獲得し、解析します。和光、横浜、筑波、神戸など理研内のさまざまな研究室、さらには理研外の大学などとの多くの共同研究の実績をもっています。幅広い動物種、器官とさまざまな発生ステージを扱い、試料作成の工夫をしてきた豊富な経験を蓄積しています。

研究テーマ

  • αカテニンをメカノトランスデューサーとする細胞接着装置リモデリングの力による制御
  • 細胞シートにおける死細胞の認知と損傷修復シグナルの分子機構
  • ミオシンIIが発生する力の上皮細胞極性形成に果たす役割

主要論文

  • Maki K, Han SW, Hirano Y, et al.
    Real-time TIRF observation of vinculin recruitment to stretched α-catenin by AFM.
    Scientific Report. (2018) 8(1):1575. doi : 10.1038/s41598-018-20115-8.
  • Akiyama T, Inoko A, Kaji Y, et al.
    SHG-specificity of cellular Rootletin filaments enables naïve imaging with universal conservation.
    Scientific Report. (2017) 7:39967. doi: 10.1038/srep39967.
  • S. Yonemura.
    Actin filament association at adherens junctions.
    Journal of Medical Investigaiton (2017) 64: 14-19. doi: 10.2152/jmi.64.14.
  • Otani T, Ogura Y, Misaki K, et al.
    IKKϵ inhibits PKC to promote Fascin-dependent actin bundling.
    Development. (2016) 143(20):3806-3816 doi 10.1242/dev.138495
  • Maki K, Han SW, Hirano Y, et al.
    Mechano-adaptive sensory mechanism of α-catenin under tension.
    Scientific Report. (2016) 6:24878. doi: 10.1038/srep24878.
  • Shibata N, Kashima M, Ishiko T, et al.
    Inheritance of a Nuclear PIWI from Pluripotent Stem Cells by Somatic Descendants Ensures Differentiation by Silencing Transposons in Planarian.
    Developmental Cell. (2016) 37(3):226-37. doi: 10.1016/j.devcel.2016.04.009.
  • Tsujioka M, Yumura S, Inouye K, et al.
    Talin couples the actomyosin cortex to the plasma membrane during rear retraction and cytokinesis.
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109(32). 12992-12997 (2012) doi: 10.1073/pnas.1208296109
  • Yonemura S.
    A mechanism of mechanotransduction at the cell-cell interface: emergence of α-catenin as the center of a force-balancing mechanism for morphogenesis in multicellular organisms.
    Bioessays 33(10). 732-736 (2011) doi: 10.1002/bies.201100064
  • Yonemura S.
    Cadherin-actin interactions at adherens junctions.
    Current Opinion in Cell Biology 23(5). 525-522 (2011) doi: 10.1016/j.ceb.2011.07.001
  • Yonemura S, Wada Y, Watanabe T, et al.
    alpha-Catenin as a tension transducer that induces adherens junction development.
    Nature Cell Biology 12(6). 533-542 (2010) doi: 10.1038/ncb2055

メンバー

米村 重信チームリーダー shigenobu.yonemura[at]riken.jp
鳥澤 久美子研究員 kumiko.torisawa[at]riken.jp
髙橋 佳子テクニカルスタッフI yoshiko.takahashi[at]riken.jp
遠藤 広美テクニカルスタッフⅡ hiromi.endou[at]riken.jp
柴田 真依アシスタント mai.shibata[at]riken.jp

*:兼務/ [at]を@に変えてください

研究者 Q & A

Q研究の道を選んだきっかけは何ですか?

小学校の低学年で動物図鑑を読んで動物は面白いと思ったため。

Q研究の最大の魅力は何ですか?

自分独自の発想で今まで誰もわからなかったことを明らかにすること。

Q研究以外の興味や趣味はありますか?

ランニング。阿波踊り。