高機能生体分子開発ユニット

ユニットリーダー

田上 俊輔Ph.D.

  • 拠点:横浜
  • E-mail:shunsuke.tagami[at]riken.jp[at]を@に変えてください

生命をコントロールする高機能分子を創る

研究内容

高機能生体分子開発ユニットでは合成生物学・構造生物学的手法を用いて機能性生体高分子の開発に取り組んでいます。具体的には、ペプチド・RNA の試験管内進化、タンパク質のX 線結晶構造解析などの技術を組み合わせることで細胞の動態を制御する分子を作成し、医療や基礎生物学への応用を目指しています。さらに、同様の技術を活用して、生命誕生からのタンパク質の進化過程の再現にも挑戦しています。

研究テーマ

  • 生体内の標的分子の機能を調整するペプチドを試験管内進化実験によって開発し、医療や基礎生物学への応用を目指す。
  • 生命誕生時におけるペプチド・タンパク質の進化過程を実験的に再現し、核酸とタンパク質の共進化の歴史を探る。

主要論文

  • Tagami S, Attwater J, Holliger P.
    Simple peptides derived from the ribosomal core potentiate RNA polymerase ribozyme function.
    Nature Chemistry 9. 325-332 (2017) doi: 10.1038/nchem.2739.
  • Tagami S, Sekine S, Minakhin L, et al.
    Structural basis for promoter specificity switching of RNA polymerase by a phage factor.
    Genes & Development 28(5). 521-531 (2014) doi: 10.1101/gad.233916.113
  • Attwater J, Tagami S, Kimoto M, et al.
    Chemical fidelity of an RNA polymerase ribozyme.
    Chemical Science 4. 2804–2814 (2013) doi: 10.1039/C3SC50574J
  • Sekine S, Tagami S, Yokoyama S
    Structural basis of transcription by bacterial and eukaryotic RNA polymerases.
    Current Opinion in Structural Biology 22(1). 110-118 (2012) doi: 10.1016/j.sbi.2011.11.006
  • Tagami S, Sekine S, Yokoyama S.
    A novel conformation of RNA polymerase sheds light on the mechanism of transcription.
    Transcription 2(4). 162-167 (2011) doi: 10.4161/trns.2.4.16148
  • Tagami S, Sekine S, Kumarevel T, et al.
    Crystal structure of bacterial RNA polymerase bound with a transcription inhibitor protein.
    Nature 468(7326). 978-982 (2010) doi: 10.1038/nature09573
  • Tagami S, Sekine S, Kumarevel T, et al.
    Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of Thermus thermophilus transcription elongation complex bound to Gfh1.
    Acta Crystallographica Section F STRUCTURAL BIOLOGY COMMUNICATIONS 66(Pt1). 63-68 (2010) doi: 10.1038/nature09573

メンバー

田上 俊輔ユニットリーダー shunsuke.tagami[at]riken.jp CV
Huynh Nhat KIM研究員 kim.huynhnhat[at]riken.jp CV
八木 創太研究員 sota.yagi[at]riken.jp CV
小菅 多美アシスタント tami.kosuge[at]riken.jp

*:兼務/ [at]を@に変えてください

研究者 Q & A

Q研究の道を選んだきっかけは何ですか?

冒険的人生を求めて.

Q研究の最大の魅力は何ですか?

自分の仮説が実験結果によってひっくり返される瞬間.

Q研究をする上での方針や哲学、座右の銘は何ですか?

思いついたらやってみる.やってみたら思いつく.

Q研究以外の興味や趣味はありますか?

筋トレ,読書,イラスト